amazon出品者在庫数の確認方法【Keepaとモノサーチの隠れ機能】

在庫数確認

せどりで早く確実に利益をだすには

ライバルの在庫数

つまり

amazon出品者在庫数

これが常に気になるところだ。

商品をカートに入れることで確認はできるけど

ワンアクションが必要で面倒だよね。

しかも

そのあとカート編集から削除をしなくては

ならない。

もっと簡単に確認できる方法が実はある。

しかも無料ツールで

それが

Keepaとモノサーチ

この二つはamazon出品者在庫数を

確認するだけではなく

他にも便利な使い方がある。

amazon出品者在庫数の確認を

隠れ機能と思ってしまうほど

無料で使える機能が充実しているんだ。

リサーチの時間短縮になるから

是非使っていただきたい。

Keepaはこちらから

モノサーチはこちらから

右上の  を押して

機能拡張に追加しよう。

まずは通常の画面

在庫数を確認するには

カートに入れて確認するよね

Keepaを使えば

出品者一覧画面に

在庫数を表示させることができる

そのためにはKeepaの設定を

変える必要があるんでけど

Chrome右上のこのマークをクリックしよう

すると下のような画面になるので

機能拡張をクリック

機能拡張の一覧が表示されるので

ここからKeepaを探してオプションをクリック

Keepaの設定画面になるので

Display product’s stock・・・

の横の「はい」を選択

これで設定は完了だ。

先程の出品者一覧画面を見ると

出品者の在庫が表示されたよね。

ただ、理由はわからないけど

在庫数が表示されない出品者もいるんだ

これを解消するには

モノサーチが必要になる。

モノサーチは特に設定は必要ないので

Chromeの機能拡張に追加するだけで

問題ない。

モノサーチを追加してから

出品者一覧の画面を確認すると

「在庫を確認する」ボタンが追加される

クリックすると

ご覧のように在庫数が表示される。

ちなみに表示されなかった出品者は

30点在庫有

他の出品者が1点なので

安易に仕入れていたら危なかった。

今までカートに入れて

在庫確認をしていたが、この2つの

ツールを使用することで楽になるよね。

amazon出品者在庫数を確認して

確実に利益を確保できる商品を仕入れよう。

せっかくなので

モノサーチの他の使い方も紹介すると

Amazon以外のネットショップとの比較

さらに

画面の下に他のネットショップへ

ワンクリックで飛べるようになる。

ヤフオクやメルカリも画像から

JANコードを識別したりするので

とても優秀だ。

ただし

完璧に一致するわけではないので

仕入れる際には必ず確認するようにしよう。

ビジネスをする上で価格競争は必ず起こる。

もちろんせどり業界も激化の傾向だ。

価格競争を回避する戦略をこちらで

確認いただきたい。

↓  ↓  ↓

価格競争激化のせどり業界【競争回避の戦略】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする