youtube広告収入の仕組みと収益化には2種類のファン攻略が必要

youtube仕組み

小学生のなりたい職業ランキング上位に

YouTuber(ユーチューバー)がランクイン!

私が子供の頃の小学生は
 

  • プロ野球選手
     
  • パイロット
     
  • スチュワーデス
     

などが上位にランクインしていた記憶がある。

当たり前だけど、ユーチューバーなんて言葉はなかったし、そもそもYouTubeがなかった。

そんな人気のユーチューバーだが、どこから収入を得ているのか?

気になるよね。

youtube広告収入の仕組みと、収益化のための2種類のファン攻略について、解説したいと思う。

広告収入の仕組み

YouTubeの広告収入源はGoogleアドセンスからだ。

Googleアドセンスに関してはこちらの記事を確認頂きたい。

↓  ↓  ↓

Googleアドセンスの始め方を初心者にもわかるよう申請方法から簡単解説

ブログのアドセンス広告と同じように、広告がクリックされる、または30秒間視聴されることで、広告収入が発生する。

そして、気になる報酬の目安は

動画の再生回数 x 10% = アドセンス広告収入

つまり、1日100回再生される動画。

1ヶ月で3000回 = 300円

ブログのアドセンスと同じで1クリックの単価は安い。

逆にYouTubeで10万円の広告収入を得ようと思ったら、100万回以上の再生回数が必要になる。

1本の動画で100万回を狙うのは難しいが、複数の動画を投稿し合計の再生回数で100万回なら、不可能な数字ではない。

とはいえ、本気でYouTubeからの広告収入だけで大きな利益を得る。

それこそ、ユーチューバーのように職業として考えているのなら、相当数の動画投稿が必要になる。

収益化の方法

もしあなたが、本気でYouTubeで利益を得ようと思うなら、絶対に行って頂きたいことがある。

それはなにかというと、

ファンを増やす

これだけだ。

逆にファンがいなければ、YouTubeで大きな再生回数を得るのは難しい。

そして、YouTubeには2種類のファンがいる。

  1. 投稿者のファン
     
     
  2. 動画のファン
     

投稿者のファン

投稿者とは、動画を投稿した人、つまりユーチューバーのことだ。

有名なところだと
 

  • ヒカキン
     
  • はじめしゃちょー
     
  • 木下ゆうか

など1度は聞いたことがある名前だよね。

最近はめざましテレビの「めざましジャンケン」にも登場している。

あとは、

 

  • やってみたシリーズ
     
     歌ってみた、踊ってみたなどのやってみた動画。
     
     
     

こちらも投稿者のファンになる可能性が高い。

動画のファン

動画のファンとはシリーズになっている動画。

  • 比較動画
     
     芸能人のメイク前後や過去と現在を比べた比較動画。
     
     
  • 面白動画

     笑ったら負け、吹いたら負けなどの面白動画。
     

     

こういった動画自体のファン。

youtubeを収益化するためには、この2種類のファンに喜んでもらう必要がある。

そいった動画を投稿することを意識しよう。

チャンネル登録

では、なぜ再生回数を増やすためにはファンが必要か?

それはチャンネル登録者数が増える。

チャンネル登録をすると、新しい動画を投稿することで、チャンネル登録者に通知が届く。

例えば、チャンネル登録者が1000人いたとして、1000人全員に新しい動画の通知が届く。

そして、1000人全員が動画を見れば、短時間で再生回数は1000になる。

あとは投稿動画を増やすことで、チャンネル全体の再生回数を増やすことができる。

最後に 

YouTubeの収益化のためにはファンが必要。

そのためには、投稿者のファンと動画のファン。

この二つを意識する必要がある。

投稿者のファンは、その人のキャラクター性が必要になる。

しかし、動画のファンなら投稿者のキャラクターは関係ない。

再現性という意味でも、はじめは動画のファンを増やすことをおすすめする。

そして、ファンを増やすことは、YouTubeだけではなく、ブログ、メルマガなどでも大事になる。

ネットビジネスだけではなく、店舗や企業でも同じことがいえる。

つまり、ネットでもリアルでも

人間と人間の繋がり

ここが一番大事になる。

リアルでは対面や電話など、相手を意識することができるが、ネットでは希薄になるケースが多い。

希薄になる理由は、ネットビジネスでは相手の顔も声も見えないからだ。

だけど、あなたがネットビジネスで本気で収益を得たい。

そう思うなら、絶対に相手があることを忘れないようにしよう。

ブログで読者とコミュニケーションをとるには、お問い合わせフォームが必要だ。

こちらの記事で、お問い合わせフォームの作り方を解説しているので確認しよう。

↓  ↓  ↓

お問い合わせフォームの作り方を簡単に解説

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする