エックスサーバーの高速化機能でブログを高速表示させる

エックスサーバー高速化

独自ドメインでブログを運営するには、レンタルサーバーと契約する必要がある。

数あるレンタルサーバーで、私が一番おすすめするレンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーの契約方法はこちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

ブログに必要な独自ドメインとサーバー【ネット上に土地を借りる】

私がエックスサーバーを使い始めて約4ヶ月になるのだが、エックスサーバーに「高速化機能」なるものがあることを最近知った。

今回はエックスサーバーの高速化機能の使い方を紹介する。

mod_pagespeed

エックスサーバーの高速化機能とは

mod_pagespeed

のことだ。

mod_pagespeedに関しては、公式サイトのニュースで確認することができる。

この度エックスサーバーでは、Webサイトのコンテンツを最適化し、表示速度を向上させる『mod_pagespeed設定』機能を追加しました。

『mod_pagespeed設定』機能はGoogle社により開発された拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用し、サーバー側でWebサイトの画像、キャッシュ、JS/CSSなどの最適化処理を実施する機能です。

本機能をご利用いただくことでWebサイトアクセス時に発生する無駄な通信を削減し、Webサイト表示速度の向上を図ることが可能です。

国内レンタルサーバー会社として初めて、「mod_pagespeed」をワンクリックで適用できる機能を提供いたします。
(2014年11月17日時点、当社調べ)

参考:エックスサーバー公式サイトニュース

2014年11月17日時点だから、決して新しい機能ではない。

現在も継続して使えるということは、「mod_pagespeed」に問題がないことがわかるよね。

「mod_pagespeed」の機能としては

CSSやJavaScript、画像などの最適化

それと

キャッシュの最適化

この二つがメインと思われる。

私のブログでは画像の最適化はプラグインを使用している。

↓  ↓  ↓

ワードプレスを高速化させる画像の最適化方法

また、キャッシュの削除に関しても同じくプラグインを使用している。

↓  ↓  ↓

Googleにインデックスされない理由はまさかのプラグイン

特にブログが遅いとも感じていないので、エックスサーバーの高速化機能は使う予定はなかったのだが・・・

Google社により開発された

この文字を見た瞬間、設定しようと思ったんだ。

設定方法

設定方法はとても簡単だ。

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン。

エックスサーバー高速化

「mod_pagespeed設定」を選択。

エックスサーバー高速化

設定するドメインの「選択する」をクリック。

mod_pagespeed

変更を「ONにする」をクリック。

エックスサーバー高速化

以上で設定は完了だ。

最後に

ボタン一つで設定ができる、エックスサーバーの高速化機能

mod_pagespeed

簡単に設定することができ、サーバー側でキャッシュの削除をしてくれるので、プラグインより安全安心だ。

ただし一点注意して頂きたいことがある。

CSSを変更した際に、変更が反映されるのに時間がかかる。

通常、プラグインを使用してる場合はキャッシュをクリアすることで反映される。

しかし、「mod_pagespeed」はキャッシュの有効期限を過ぎるまで反映されない。

CSSでレイアウトを変更する際は「mod_pagespeed」の設定を「OFF」にしてから変更するようにしよう。

ブログの高速化には他にも方法がある。

こちらの記事では画像の遅延読込を使った高速化を紹介している。

↓  ↓  ↓

ブログ軽量化のためにLazy Loadで画像を遅延読込させる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする