Amazonで売れる商品を探すコツ【マウスを置くだけの売れる商品検索法】

Amazon売れるコツ

&pct-off=-0

文字化け?

はじめて見るとそう思うよね。

実はこの文字を入力するとAmazonで

在庫切れの商品だけを表示させることができる。

ヤフオクやメルカリ、ネットショップで

仕入れた商品をAmazonで販売する。

極力Amazonが販売している商品は避けた方がいい。

だって

Amazonが持ってたらAmazonから買うよね。

Amazonより価格を下げればカートを獲得

できるんだけど、値下げするとAmazonも

追いかけてくる。

一定の金額でAmazonも止まるんだけど

数円、数十円の差額だとやっぱりAmazonから

購入する人が多い。

とはいえ、下げすぎても利益が減る。

だから

Amazonが持っていない商品

在庫を切らしている商品が一番売れる。

そういった商品を仕入れるのが

せどりで利益を生み出すコツになる。

では

どうやってAmazonが在庫を切らしている

商品を探すのか。

Amazonで売れる商品を探すコツ

1つめは先程の

&pct-off=-0

この文字の出番だ。

さっそく使い方の説明だけど

下の画像は

おもちゃのカテゴリーでおすすめ順に

表示されている

左上の赤枠の商品をモノレートで見てみよう。

Chromeの機能拡張

ショッピングリサーチャーを導入すると

ボタン一つでモノレートに飛べるので

まだ導入していなかったらこちらから導入しよう。

モノレートを見ると

Amazon在庫ありで左にAmazonの

現価格が表示されている。

これを一つ一つ探していられないので

先程の文字を上のURLの末尾に追加しよう。

ちなみに

この文字を毎回入力するのも大変だ。

メモ帳に入力してコピペするのも

正直、面倒と感じてしまう。

そこで

辞書ツールに登録しよう

Macだと右上の

A または あ 

と表示されている部分をクリック

そこから

ユーザ辞書を編集を選択

私の場合は

ていかと入力すると&pct-off=-0が

選択できるように設定されている。

左下の+を押すと入力ができる。

&pct-off=-0は

〜0%オフって意味なんだ。

つまり定価だよってことだ。

その上のいじょういかは

&low-price=3000&high-price=5000

3000円以上5000円以下の商品を表示させる。

毎回入力したりコピペするのも面倒なので

上手く使っていこう。

次の画像は

&pct-off=-0をURLの末尾に追加して

Enterを押した画面だ。

あれ?

さっき見たAmazon在庫ありの商品が

表示されているよね。

&pct-off=-0は

在庫切れではなく割引されていない

定価の商品を表示させる。

これが目的だからAmazon在庫ありでも

割引されていない定価の商品は

やっぱり表示されてしまう。

Amazonで売れる商品を探すコツ

2つめは

Keepaの活用

右上の設定から機能拡張を選択

機能拡張の一覧が表示されるのでKeepaを探そう。

見つかったらオプションをクリック

Keepaのオプション画面から

Amazonの商品の上にマウスを置いた時・・・・

こちらの”はい”を選択して画面を閉じよう。

先程のAmazonの画面に戻ると

商品画像の上にカーソルをあわせると

ご覧のようにグラフが表示される。

オレンジ色がAmazonの在庫状況

緑色のグラフが販売状況

モノレートのグラフと一緒で緑のグラフが

下の方にあれば売れているということだ。

モノレートを確認してもグラフの通り

Amazonが在庫切れになっているのがわかる。

商品ページをクリックすると

拡大したグラフを確認することができる。

なんどか在庫復活をしてるけど

現在は完全に在庫切れになっているね。

別の商品も見てみよう

モノレートで確認しても在庫がないのがわかる。

商品ページをクリックすると

在庫切れをおこしてるよね。

今回紹介した

Amazonで売れる商品を探すコツ

&pct-off=-0

Keepa

この二つを使うことで作業効率が上がるので

是非活用して頂きたい。

ただし

今回のおもちゃはクリスマス時期になると

Amazonが在庫復活する可能性がある。

Keepaでは1年間や全期間のグラフも

見れるのでうまく活用して頂きたい。

Chromeの機能拡張は無料なのに

優秀なツールがいっぱいある。

今回のKeepaは他にも使い方がある。

こちらの記事で確認してみよう。

↓  ↓  ↓

amazon出品者在庫数の確認方法【Keepaとモノサーチの隠れ機能】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする