wordpressの投稿画面でスクロールを固定させる便利なプラグイン

スクロール固定

最初の設定さえしてしまえば、あとは記事を更新するだけで良い

wordpress

こちらの記事でもwordpressの良さを伝えているが

↓  ↓  ↓

ワードプレスは初心者には難しい?【最初の夜を乗り切る方法】

大変なのは最初だけで、あとは記事を書くことに集中できるからwordpressは本当におすすめだ。

このブログも110記事を越えた。

wordpressの「ワ」の字も知らない状態からブログをはじめたが、さすがにwordpressにも慣れてきた。

人間、慣れてくると欲や不満がでるもので、最近wordpressに対して不満が出てきた。

その不満とは、投稿画面で「下書きとして保存」をクリックすると

一番上に戻ってしまう

今回は、私が今一番のストレスになっている

投稿画面で「下書き保存」すると一番上に戻ってしまう問題

この問題を解決するプラグイン。

つまり、スクロールを固定してくれる便利なプラグインを紹介する。

 固定されていないと

はじめに、こちらの画像を見た頂きたい。

スクロール固定

「18」が表示されているところで「下書き保存」

すると、ご覧のように一番上まで戻ってしまう。

スクロール固定

記事作成後に本文を確認していて「修正」→「下書き保存」を押すと、一番上に戻ってしまい、修正した個所を探すのが大変。

この問題を解決してくれるプラグインとは

Preserve Editor Scroll Position

先ずは、ダッシュボード左メニューの「プラグイン」から「新規追加」を選択。

右上の検索窓に「Preserve Editor Scroll Position」と入力して有効化させる。

スクロール固定

次に投稿画面の上にある「表示オプション」をクリックして、「最大行表示エディターと・・・」のチェックを外せば設定完了。

スクロール固定

固定されていると

先程と同じように実験してみよう。

今度は「20」が表示されているところで「下書き保存」

スクロール固定

すると・・・

スクロール固定

スクロールが固定されている。

これなら「下書き保存」後もすぐに続きの作業に取り掛かれるよね。

最後に

今回紹介した

投稿画面で「下書き保存」すると一番上に戻ってしまう問題

実際記事にしてみると

大した問題じゃないな

そう思ってしまった。

「必須」ではないが、便利なことは確かなので、もし同じ問題を抱えているのなら試して頂きたい。

「Preserve Editor Scroll Position」は「あると便利」だったけど、こちらのプラグインはwordpressでブログ運営をするなら「必須」になる。

wordpress連続改行できない問題はこちらの記事で確認しよう。

↓  ↓  ↓

ワードプレスで改行が反映されない【改行を見れば性格がわかる?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする