常時SSL化の方法とデメリット【エックスサーバーでの費用は?】

常時SSL化方法

あなたは、インターネット上でこのような表示を見たことがあるだろうか?

ssl方法

保護された通信

それと、「http」ではなく「https」

これはSSLと言われる

データを暗号化して送受信する方法だ。

全てのページをSSL(暗号化)にすることを常時SSLと表現する。

そして、サイトを常時SSLにすることを常時SSL化という。

今回は、常時SSL化の方法とデメリット。

それと、気になる料金を紹介したいと思う。

常時SSL化

データを暗号化して送受信する。

なんとなく意味がわかるような、わからないような。

簡単に説明すると、あなたが見ているウェブサイト。

そして、あなたのパソコン。

ウェブサイトとパソコンの間にはデータの送受信がある。

このデータの送受信、実は第三者がデータを盗むことが可能なんだ。

つまり、個人情報やクレジットカード情報などを盗むことができる。

例えば、どこかのネットショップで買い物をする。

その時、必ず個人情報とクレジットカード情報を入力するよね。

常時SSL化されていないサイトから購入すると

大事な情報が盗まれる可能性がある。

ネットショップなら常時SSL化は必須になる。

逆に常時SSL化されていないサイト。

このサイトから購入する際は注意が必要だ。

実際、どれだけの被害例があるのかは不明だが、こういったリスクもあることを知っておこう。

保護された通信とは

あなたの個人情報、保護されてますよ。

こういう意味だ。

設定方法

続いて常時SSL化の方法。

私が使っているエックスサーバー

エックスサーバーなら簡単に常時SSL化ができる。

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインしよう。

ssl方法

次に「ドメイン」の項目から「SSL設定」を選択。

ssl方法

対象ドメインの「選択する」をクリック。

ssl方法

このブログのドメインは既に常時SSL化されているので、別のドメインで説明する。

「独自SSL設定の追加」を選択して対象のドメインを選ぼう。

最後に右下の「独自SSL設定を追加する」をクリック。

ssl方法

以上で完了だ。

「www」設定していないドメインでも、「www」付きで表示される可能性があるが、問題ないので気にしないで頂きたい。

ssl方法

次にワードプレスの設定。

私は「Simplicity」を使っているので「Simplicity」で解説する。

まずはダッシュボード左メニューの「設定」から「一般」を選択。

ssl方法

WordPressアドレスとサイトアドレスを「http」から「https」に変更しよう。

最後に変更を保存するのを忘れないように。

ssl方法

次にダッシュボード左メニューの「外観」から「カスタマイズ」を選択。

ssl方法

「その他」を選択。

ssl方法

下記の「外部サイトデータ取得時にSSL検証・・・」にチェックを入れて保存しよう。

ssl方法

以上でワードプレスの設定も完了だ。

それと

Google Search Console

こちらも再登録が必要になる。

右上の「プロパティを追加」をクリックして、常時SSL化した「https」のドメインも登録しよう。

ssl方法

登録方法はこちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

Googleにインデックスさせる方法と確認方法

それと、Googleアナリティクス

こちらの再登録も必要になるので、忘れないようにしよう。

デメリット

常時SSL化させることで得られるメリット。

個人のブログでは現状そこまで恩恵があるわけではない。

では、デメリットはどうか。

メリットが少ないのだから、デメリットはないと思われるかもしれないが、実は常時SSL化には大きなデメリットがある。

デメリットというより、リスクと言ったほうが正しいかもしれない。

これから新規にブログを始める方には、常時SSL化はおすすめだ。

だけど、既にブログを運営されている方には、正直おすすめはしない。

理由は、「http」から「https」へのリダイレクトが必要だからだ。

リダイレクトとは

これまで、「http」で運営していたブログ。

これが途中から「https」に変更されたことになる。

つまり、検索エンジンからすると

ドメインが変わったと認識されてしまう。

だから、ユーザーが「http」の記事を訪れた際に、新しい「https」の記事に移動してもらう必要がある。

この移動してもらうことが「リダイレクト」だ。

ただし、これまでの「評価」を引き継ぐためには、「301リダイレクト」が必要になる。

この、「301リダイレクト」はプラグインではできない。

サーバーにある「.htaccess」に直接コードを入力する必要がある。

失敗した時のリスクを考えると、そして、常時SSL化した際のメリットと比較すると、既にブログを運営している方にはオススメしない。

料金

気になる料金。

レンタルサーバーによって料金は違うのだが、私が使っているエックスサーバー

実はエックスサーバーなら常時SSL化が無料だ。

詳しくはエックスサーバーのニュースで確認できる。

↓  ↓  ↓

全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能に!

以上のことから、私が常時SSL化をオススメする方は

  • エックスサーバーを使っている
  • これからブログを始める
  • 緑の「https」がカッコイイと思っている

以上3つの条件全てに当てはまる方になる。

ちなみに私は、緑のhttpsがカッコイイと思い、リスク承知で「301リダイレクト」を行い常時SSL化したんだ。

リスクを負えたのはブログを始めたばかりだったからだ。

これが今なら、おそらくやらないだろう。

最後に

ネットショップでは常時SSL化が必須となるが、個人のブログでは現状そこまで恩恵はない。

ただ、Googleが常時SSL化を推奨しているのも事実だ。

Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。

具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。

これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。

参考:ウェブマスター向け公式ブログ

ただ、効果としては現状はまだ低い。

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。

参考:ウェブマスター向け公式ブログ

個人的には、急いで常時SSL化をする必要はないと考えている。

これまで、ブログのアクセスは圧倒的に検索流入が多かった。

検索流入を狙うのならGoogleのSEO対策は必須だ。

しかし、現在はブログへの流入は検索だけではない。

Twitter、Facebook、YouTube、Instagram などのソーシャル。

そしてメルマガ。

今後は検索流入を狙ったSEO対策だけではなく、間違いなくソーシャル対策をする必要がある。

そう考えると、リスクを負って常時SSL化を急いで行うよりも、ソーシャル対策を優先したほうが価値的ではないだろうか。

ソーシャル対策の一つとして、Twitterの定期ツイートがある。

こちらの記事では、画像付きで定期ツイートするプラグインを紹介している。

↓  ↓  ↓

画像添付で定期ツイートする【不動産tweet old post】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする