せどりを辞めた理由【こんな作業を続けるなら辞めた方がいい】

せどり辞める

毎日

毎日

リサーチ

リサーチ

もう辞めたい

電脳せどりをはじめた頃の

私の感想だ。

そして

仕入れる商品を見つけられるように

なってからも

毎日一からリサーチしていたから

やはり辞めたいと何度も思った。

だけど

自動化を構築してからは

辞めたいと思ったことはない

もし

今も毎日一からリサーチしていたら

こんなことを続けるなら

辞めた方がいい

間違いなくそう思っていただろう。

もしあなたが

毎日のリサーチに疲れ切っていて

もうせどりを辞めたいと思って

いるのなら

自動化構築に挑戦して頂きたい。

辞めるのはそれからでも遅くはない。

まずはこの記事の通りに実践して頂きたい。

商品をリサーチ

まずはどんな方法でもいいので

商品をリサーチしよう。

今回はこちらの記事で紹介している

↓  ↓  ↓

せどりブログは嘘なのか?【ヤフオクで最も簡単なリサーチ法】

この方法でリサーチをしてみる。

すると

こんな商品が見つかった。

Amazonを確認

モノレートも確認

一ヶ月平均6個販売されている商品だ

グラフも確認

出品数も確認

1ヶ月の販売実績に対し

出品数が若干多い状況だ。

この状況だと

多少利益率に余裕をもたせた方が

いいだろう。

過去の落札相場を調べる

この商品が過去にいくらで

落札されたのか

過去の落札相場を確認することで

入札をするかしないかの判断になる。

商品タイトルでヤフオク検索

検索結果が表示されたら

左上にある

過去の落札相場をクリック

過去90日間の落札履歴が表示される。

このとき必ず

終了日時の新しい順

に並び替えてほしい。

商品によっては

3ヶ月で相場がかなり変動している

こともある。

直近の落札価格を見ていくと

1,360円で落札されているのがわかる。

この商品は送料400円で出品されていた。

つまり

仕入れ価格は1,760円だ。

この仕入れ価格と現在の最安値で計算すると

この利益率なら

価格競争に対して持ちこたえられる。

この商品が仕入れ対象とわかったら

RSSリーダーに登録していくんだけど

過去の落札相場は必ず確認して頂きたい。

過去の落札相場とかけ離れた

金額で入札しても

落札することはできないからだ。

そして

そのような商品を何百、何千と

RSSリーダーに登録しても

落札できる可能性は低いからだ

ただし

価格の変動は下がるだけではない

リサーチするなかで

今後価格が上がると思われる商品は

RSSリーダーに登録していこう

RSSリーダーに登録することで

こちらから確認する必要がなくなる。

出品されたら通知があるので

そのタイミングで確認すれば良いのだ。

自動化構築

先程の商品をRSSリーダーに

登録してみよう。

ヤフオク画面から今度は

開催中のオークションに戻る

をクリック

開催中のオークションに戻ったら

右下の

RSSボタンをクリック

RSSリーダー名を確認して

今すぐ登録をクリック

RSSリーダーの画面が開いたら

Addをクリック

現在出品されている商品が

表示されたら

Editをクリック

キーワードは最初から

入力されているので

キーワードの前に

入札額と販売額を入力しよう

今回は

入札額2,000円

販売額3,400円

と入力した。

現在のFBA最安値は

3,400円

今回の商品は利益率20%は

ほしいので

3,400円で利益率20%で計算すると

2,000円の仕入れ金額となる。

RSSリーダーの欠点は

Amazonの価格変動に

対応していないことだ。

RSSリーダーから出品通知が届いても

登録した時期と通知が届いた現在では

価格が変動している可能性がある。

そのときに

3,400円より価格が下がっているようなら

2,000円以下で入札する必要がある。

入札額と販売額を入力しておくことで

通知が届いた際の目安となるので

必ず入力するようにしよう。

登録が完了すると

登録名が変更されたのが確認できる。

一覧から2,000円以下の商品を探す。

一番上の商品が現在価格2,000円だが

送料込みで2,000円なのでこの商品は

入札対象外となる。

商品を確認したいときは

商品タイトルをクリックしよう

ヤフオクで確認することができる

登録した商品が出品されると

こちらの画像のように通知される

あとはここから現在価格が

仕入れ金額より安い商品を入札するだけだ。

バックアップの方法

自動化構築は資産構築ともいえる。

あなたの大事な資産になるので

バックアップは必ずマメに行おう。

バックアップを行うには

RSSリーダー画面右上のSettingsをクリック

Downloadをクリックすれば

データがダウンロードされるので

バックアップの完了だ。

出品者を仕入れる

登録数が増えれば本当に楽になる。

こちらが何もしなくても

RSSリーダーが教えてくれる。

それは

登録した商品だけ教えてくれるのではない。

安値で出品されている商品の出品者

こういった出品者も

同時に教えてくれている。

つまり

商品だけではなく

出品者を仕入れる

そして

この出品者をRSSリーダーに

登録することで

出品者が新規出品すれば

RSSリーダーから通知が届く。

この方法をつかえば

苦手なジャンルや新しいジャンルも

楽に開拓ができる。

自分で探すのではなく過去の

落札相場からそのジャンルで安く

出品している出品者

その出品者をRSSリーダーに登録

することで新規出品されたら通知が届く。

例えるなら

出品者からオススメ商品の

連絡が届くようなものだ

もしあなたが

リサーチが嫌になって

せどりを辞めたいと思っているのなら

自動化構築に挑戦して頂きたい。

リサーチに時間を費やしている人ほど

自動化の凄さを実感できるだろう。

自動化は構築するまでに時間を要する。

副業でも効果的な作業時間を確保

することは可能だ。

効果的な時間の作り方を公開中。

↓  ↓  ↓

副業での時間の作り方【時間の特性を活かした作業法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする