ワードプレス初心者に朗報!プラグインまとめて一括インストール

一括インストール

ワードプレス初心者だったころ

プラグインは何を使えば良いかわからない

これは私に限らずワードプレス初心者が誰もが通る道だ。

ただ、プラグインは一度設定してしまえば問題ないので、大変なのは最初だけ。

と、思っていたんだけど、別のブログを立ち上げるたびにこの問題にぶつかる。

何をインストールすれば良いかはわかるんだけど、一つ一つインストールして設定するのが

おそろしく面倒

1記事も書いていないのにその日はやりきった感で一杯だ。

なんとかこの問題を解決できないか検索したところ、まとめて一括インストールできるプラグインを発見した。

これは本当に嬉しかった。

ワードプレスをこれから始める初心者の方はもちろん、別のブログを新たに立ち上げようとしている方にもおすすめだ。

早速、紹介したいと思う。

プラグイン

まとめて一括

インストール

俳句みたいになった(笑)

WPCore Plugin Manager

ワードプレスのプラグインを、まとめて一括でインストールしてくれるプラグイン

WPCore Plugin Manager

使用するには公式サイトで無料のアカウント登録をする必要がある。

WPCore Plugin Manager公式

登録するとメールが届くんだけど、どうやら「WPCore Plugin Manager」はアフィリエイトができるらしい。

興味がある方はアフィリエイトしてみるのもいいかも。

ちなみに、上のリンクはアフィリエイトではないので安心して頂きたい。

無料アカウントだと1リストで18個プラグインを登録することができ、2リストまで所持できる。合計で36個のプラグインが登録可能だ。

WPcoreアカウント登録

まずは「WPCore.com」でアカウントの登録をしよう。

一括インストール

必要事項を入力して最後に「アカウントを作成する」をクリック。

一括インストール

新しいコレクションを作成する。

一括インストール

  • コレクションタイトル:
     
    好きタイトル名を決めよう。
     
     
  • コレクションの説明:
     
    自分がわかるように入力しよう。
     
    入力しなくても問題ない。
     
     
  • 公開または非公開:
     
    パブリック:公開
     
    プライベート:非公開

最後に「接続する」をクリック。

WPCoreプラグイン登録

アカウント登録が完了したら、次はプラグインを登録。

プラグイン名を入力して右側の「追加」をクリック。

一括インストール

で、ここで問題が。

プラグイン名で検索すると上記画像のように複数候補がでてくる。

上の画像のように、プラグイン名が微妙に違っていればいいんだけど、日本語に翻訳されているから、どれがインストールしたいプラグインかわからないんだ。

そんなときは「開発者名」を確認しよう。

開発者名が同じ時は、どちらかを追加して「評価数」を確認すれば間違いはない。

一通り追加するとこのように一覧表示される。

一括インストール

個人的には右下の

シェーン・ビショップによる恥ずかしさ

このプラグインがなんなのかとても気になる。

WPCoreインストール

次はワードプレスに「WPCore Plugin Manager」をインストールして有効化しよう。

一括インストール

左側にある、ロボコップに出てきたオムニ社のロゴみたいなアイコンが「WPCore Plugin Manager」だ。

たぶん、オムニ社のロゴと聞いてすぐにわかる人はいないと思うので、興味がある方はこちらをどうぞ。

インストールと有効化が完了したら、ダッシュボード左メニューから「WPCore」をクリック。

一括インストール

設定画面になるので「Add a collection key」をクリック。

一括インストール

「collection key」を入力するんだけど、「collection key」の確認方法は、「WPCore公式」から上にある「マイコレクション」をクリック。

一括インストール

赤文字の英数字が「collection key」だ。

一括インストール

「collection key」をコピペして「Add a collection key」の下にある「Save Collections」をクリック。※画像が切れていて申し訳ない。

一括インストール

すると、インストールするプラグインが一覧表示されるので、「Install Plugin」をクリック。

一括インストール

インストールするプラグインにチェックを入れ、左上の一括操作を「Install」に変更後「適用」をクリック。

一括インストール

以上で一括インストールは完了だ。

WPCoreインスール後の設定

「BackWPup」をインスールするとご覧のような画面が表示される。

一括インストール

後程設定すれば問題ないなので無視で構わない。

先に必要な設定が2つある。

WPCoreの停止

左メニューの「プラグイン」から「インスール済みプラグイン」を選択。

一括で「有効化」しよう。

一括インストール

ただ、最初は必要としないプラグインもある。

例えば

Bottom of every post

全ての記事下に定型文を挿入できるプラグインだ。

私はある程度記事数が増えてから使用するので最初は必要ない。

今すぐ必要のないプラグインを「停止」にしていると、「WPCore」からこのように「有効化してないよ」と画面上部に表示される。

一括インストール

どの画面を開いても表示される。

あまりにもしつこいので、「WPCore」はインスールが完了した後は「停止」にしよう。

なんなら「削除」しても構わない・・・はず。

私も「削除」はしたことがないのでわからないが、多分大丈夫と思われる。

翻訳を更新

もう一つの設定は

翻訳を更新

ダッシュボード画面は日本語に翻訳されているが、プラグインによっては翻訳の更新が必要になる。

例えば「Jetpack」

通常は左メニューの「Jetpack」にカーソルをあわせると「日本語」で表示されるのだが、英語表示になっている。

一括インストール

日本語表示にするためには、左メニューの「ダッシュボード」から「更新」を選択。

更新画面の一番下にある「翻訳を更新」をクリック。

一括インストール

画面に「更新されました」と表示されるので、一番下にある「更新ページへ戻る」をクリック。

一括インストール

もう一度「Jetpack」にカーソルをあわせると、日本語に変換されている。

一括インストール

以上で完了だ。

あとはプラグインを個別に設定するだけだが、これがまた面倒だったりする。

インストールだけではなく設定も一括でできれば最高なのだが。

最初に必要なプラグイン

先程の「collection key」だけど、私の「collection key」で良ければコピペして使って頂きたい。

0wgMrdgD9F1ZUHD96Rhi

内容は下記の通りだ。

あと、設定方法も全て私のブログで解説している。

リンクを貼っておくので参考にして頂ければ幸いだ。

  1. BackWPup
    →ワードプレスのバックアップ 
     
  2. Bottom of every post
    →記事下に定型文挿入 
     
  3. Broken Link Checker
    →リンク切れをチェック
     
  4. EWWW Image Optimizer
    →画像の最適化
     
  5. Imsanity
    →画像アップロード時にリサイズ
     
  6. Jetpack
    →アクセス解析
     
  7. Lazy Load
    →画像の遅延読み込み
     
  8. Preserve Editor Scroll Position
    →投稿画面のスクロールを固定
     
  9. PS Auto Sitemap
    →ブログ全体のサイトマップ(目次)
     
  10. PubSubHubbub
    →Googleへインデックスをリクエスト
     
  11. Table of Contents Plus
    →記事の目次を作成
     
  12. TinyMCE Advanced
    →投稿画面の編集ボタンをカスタマイズ
    →連続改行 
     
  13. WordPress Popular Posts
    →人気記事を一覧表示
     
  14. WordPress Related Posts
    →関連記事を一覧表示
     
  15. WP Fastest Cache
    →キャッシュの削除
     
  16. 画像ウィジェット
    →サイドバーに画像を表示
     

それと、必須のプラグインがあと一つある。

Google XML Sitemaps

「WPCore Plugin Manager」を使うと最新版がインストールされてしまう。

なので「Google XML Sitemaps」は別でインストールする必要がある。

あとは

お問い合わせフォーム

「Jetpack」を使う方法と「Contact Form 7」を使う方法がある。

私はこのブログ以外は「Jetpack」を使っているので「WPCore」には登録していない。

「Jetpack」と「Contact Form 7」を使った作成方法も記載しておくので、参考にして頂きたい。

最後に

「WPCore」では他の人が公開しているプラグインもインストールできる。

公式サイトの上にあるメニューの「ブラウズ」から「コレクション」を選択。

一括インストール

ご覧のように他の人のコレクションをインストールすることができる。

一括インストール

とはいえ、どんなプラグインかわからないのでインストールする気にはなれないが・・・。

他にも過去このブログで紹介したプラグインはあるが、特に必要ないと思っているので「WPCore Plugin Manager」には登録していない。

たとえばこちらの記事の「メタキーワード」と「メタディスクリプション」

私は現在「メタディスクリプション」は使用していない。「メタキーワード」は設定しているが、その理由はこちらの記事で紹介している。

↓  ↓  ↓

メタキーワードとメタディスクリプションとは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする