Amazonマケプレ出品は大口・小口のどちらがいいのか【新品なら大口がおすすめな理由】

大口小口

せどりをするにはAmazonに

出品者登録をする必要がある。

Amazonマケプレ出品には大口・小口があり

大口と小口の違いは以下の通りだ。

これから始める人にとって

一番気になるのは料金だよね。

大口出品は月額4,900円

小口出品は月額料金は0円

ただし

1商品売れるごとに100円

ということは

月に49個販売すれば

100 x 49 = 4,900円

最初は小口からはじめて

毎月50個以上販売するようになってから

大口に変更することも可能だ。

実はAmazonマケプレの大口・小口には

もう一つ重要な違いがある。

それは

カートボックスの獲得だ

このカートボックスは

大口出品でしか獲得できない。

カートボックスとは

Amazon商品ページで自分の商品が

販売されることだ。

この商品は、(ショップ名)が販売し

Amazon.co.jpが発送します。

(ショップ名)に出品者のショップ名が入る。

Amazonでは商品ページから

カートに入れる

このボタンを押して購入されることが

圧倒的に多い。

中古なら商品の状態や価格を

吟味したりするけど

新品はどれも状態は同じだよね。

だから

新品商品はカートボックスを

獲得できるかどうかで販売速度が

かわってくる。

ちなみに

私はどうだったかというと

最初から大口出品ではじめた。

理由は

はじめから新品のみを販売する予定

だったから

Amazonマケプレの大口・小口は

途中から変更も可能なので

最初はどちらでも問題ないけど

もしあなたが

新品のみを販売するなら

大口出品をおすすめする。

それではAmazonマケプレの

出品登録をはじめてみよう。

出品登録はこちらからはじめることができる。

まずは氏名とアドレス、パスワードを登録する。

このアドレスとパスワードはログインで必要になる。

アドレスはフリーメールでも大丈夫だ。

また、Amazonからのメールもここで登録した

アドレスに届く。

アドレス、パスワードはあとから変更可能だ。

次に正式名称を登録

個人の場合は氏名を入力しよう。

そして出品者の情報を入力

一番上の表示名は店舗名になる。

つまり「屋号」だ。

運営責任者は自身の名前で大丈夫だ。

店舗名も運営責任者もあとから変更可能だ。

出品者の情報が完了したら

次はクレジットカード情報の登録

クレジットカード情報が登録できたら

電話による本人認証

電話を受けるを押すと

表示されている電話番号に

Amazonからかかってくる。

Amazonからの電話といっても

自動音声で表示されている暗証番号を

入力するだけなので安心してほしい。

暗証番号を入力したら

出品開始を押そう。

次のかんたん出品ナビは出品者情報に

直接関係するものではないので

深く考えず入力していこう。

ステップ1が完了したら

次へを押してステップ2へ

ここで選んだカテゴリーしか

販売できないわけではないので

現時点で出品予定の商品を選択しよう。

ただし

2点覚えておいてほしいことがある。

一つ目はミュージック

実はこのミュージックのカテゴリーは

2016年11月から出品規制が入ったんだ。

ミュージックの代表的な商品

CD

それと

一部のDVD

現在、新規出品者はミュージックと

一部のDVDが出品できなくなっている。

それと

下記画像のカテゴリーは出品するのに

申請が必要だ。

出品規制は解除可能なので

なれてきたら解除にも挑戦してみよう。

カテゴリーを選択したら

保存して終了を押す。

最後は銀行口座情報の入力

ここで登録した口座に

Amazonから売上が入金される。

あとから口座の変更は可能だ。

入力が終わったら保存して終了を押す。

セラーセントラルのトップページが

表示されたはずだ。

ちなみに

登録情報は右上の設定から変更可能だ。

以上でAmazonマケプレの

大口または小口登録は完了だ。

いよいよせどりビジネスの開始だ。

最初は失敗することもあるけど

行動したから失敗があり

失敗したから成長がある

そして

成長したから成功がある

諦めずに稼げる日が来るまで

続けて頂きたい。

人は特別って言葉に弱いよね。

でも、そんな人間の心理をついて

良からぬことを考える人がいるのも事実。

インターネットの世界では特に自己防衛が

大事になる。

こちらの記事で事前に対策をしよう。

↓  ↓  ↓

年次訪問者調査の参加者に特別に選ばれました【フィッシング詐欺に注意】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする