おもちゃせどりのリサーチ方法【リサーチ・仕入れ・自動化・経過観測】

おもちゃせどり

丸い緑の山手線

真ん中通るは中央線

新宿西口駅の前

カメラはヨドバシカメラ

今はカメラだけじゃくて

なんでも売ってるよね。

今回はそんな

ヨドバシカメラ.comから

おもちゃせどりのリサーチ方法を説明する。

ヨドバシ.comリサーチ

まずはこちらから

ヨドバシ.comのサイトへ行こう

トップページのカテゴリから

ベビー・おもちゃ・ホビーを選択

おもちゃを選択

今回は仮面ライダーストアを選択

変身・なりきりグッズを選択

すると一覧が表示される。

在庫のある店舗の横にある

カッコの中の数字は在庫がある店舗数だ。

在庫あり商品は無視しよう。

ずらーっと見ていくと

在庫切れ商品が出てくる。

商品名で右クリックすると

モノサーチが有効になっていれば

簡単にAmazonで検索ができる。

やはりAmazonも在庫切れ

ヨドバシ全店で在庫がないってことは

市場から商品がなくなっている可能性がある。

市場からなくなっているのに

Amazonだけ在庫がある

なんてことは考えにくいからね。

モノレートで販売実績を確認

売れているのがよくわかる。

ヤフオクで確認

今度はヤフオクで検索してみよう

別の商品も表示されるので

マイナス検索を使う。

これでこの商品だけ表示される。

入札前に落札相場を調べよう。

過去に1,640円で落札されている。

ここに送料がプラスされるので

正直、利益率は悪い。

もしも

過去の落札相場から利益が出るのが

確認できたら

RSSリーダーに登録して自動化させよう。

RSSリーダーの使い方は

こちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

せどりを辞めた理由【こんな作業を続けるなら辞めた方がいい】

ヨドバシ.comリサーチ再開

ヨドバシ.comに戻ってリサーチを再開しよう。

次はこんな商品を見つけた。

在庫残少の商品だ。

2店舗を残して在庫切れ。

Amazonも在庫切れ

モノレートを確認

過去2ヶ月は3個しか売れていないが

直近1ヶ月は19個売れている。

11/5が発売開始なので

2ヶ月前は10/14 〜 11/14

販売期間が11/5〜11/14の1週間で

3個売れていることがわかる。

ちなみにライバルの状況は

FBA最安値は1,968円

利益額は低いけど利益率は問題無い。

この商品はヨドバシ.comで購入する

のがいいだろう。

もちろん

今後ヤフオクでも出品される可能性も

あるのでRSSリーダーに登録しておいても

いいだろう。

経過観測

このように在庫残少商品のURLを

メモ帳に貼り付けたり

商品ページをブックマークして

在庫の状況とAmazonの価格変動を

経過観測する方法もある。

具体的には

在庫がある店舗数が減ってくる

Amazonの価格を確認。

利益が出るところまで高騰し

在庫がある店舗数が減ってきた

タイミングで購入。

さらに

RSSリーダーにも登録

こうやって自動化の資産を構築

していくとあとが楽になる。

残念なことに

ヨドバシ.comはお一人様1点限り

だけど

一人で何点も購入できると

早い者勝ちになるから

副業だと専業には勝てなかったりする

そういった意味では

一人1点の方がこちらにも利益が

まわってくるので助かったりもする。

店舗せどりで活用

先程の商品ページから

在庫のある店舗を確認しよう

一番下のヨドバシ.comは別にして

郡山と新潟駅前にまだ在庫がある。

自宅の近所なら店舗で購入することも可能だ。

これなら電脳しかやらない私も

店舗に行こうと思える

今回はおもちゃで説明したけど

別のカテゴリでも同じことができる。

さらに

ビッグカメラ.comでも同じことができる。

ただし

おもちゃ専門店の代名詞ともいえる

トイザらス

残念なことに

トイザらスではこの方法が使えないんだ。

ヨドバシやビッグカメラのように

一覧画面では在庫の確認ができない。

商品ページまで行く必要があるため

リサーチするのが手間になってしまう。

まとめ

このように

ヤフオク以外からリサーチや

仕入れをすることも可能だ。

最後に2点必ず習慣にして頂きたいことがある

1. 必ずヤフオクで検索

2. 自動化できる商品はRSS登録

この二つは必ず毎回行うようにしよう。

在庫残少商品を見つけたらAmazonを

確認するよね。

Amazonで在庫切れしているかは

この方法を使うことで効率良く作業ができる。

↓  ↓  ↓

Amazonで売れる商品を探すコツ【マウスを置くだけの売れる商品検索法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする