具体案のない反対は無責任【せどりをするには理由がある】

無責任

「そんなんで食えるのかよ」

せどりのことを話すと

ほぼ毎回このようなことを言われる。

 

せどりを始める理由は様々ある。

私のように転職を繰り返したり

ブラック企業に勤めるなど

サラリーマンに希望を見出せない。 

 

ご自身や家族の病気、介護、育児など

フルタイムで働くことができないことによる

収入の低下

 

将来への不安と現状の不満。

 

この2つの理由が圧倒的に多い。

 

 

電脳せどりもそうだが

インターネットでお金を稼ぐことに

良い印象を持ってない人や反対する人も多い。

 

俗に言うドリームキラーだ。

 

自分の常識でしか物事を考えることができず

その狭い世界の常識を持ち出し反対をする。

 

副業でダブルワークをしていると聞くと

応援してくれる人は多い。

 

しかし

副業でインターネットで稼いでいると

怪しい、そんなの無理に決まってる

真面目に働いた方がいいと反対される。

 

そもそも、真面目ってなんだ?

 

私は12回の転職で

一度も不真面目に働いたことはない。

 

倒産した3社は別だが

他の会社は退社する際には必ず

 

「いつでも戻ってきていいよ」

 

「次の転職が失敗したら連絡して」

 

など、

本当に嬉しい言葉を頂きながら退職した。

 

だけど

 

真面目に働いた結果が12回の転職だ。

 

電脳せどりもビジネスであり

ビジネスである以上

 

私はただの一度も、ふざけて

電脳せどりを行なったことはない。

 

会社のお金ではなく

身銭を切って仕入れを行なっている。

とてもふざけて仕入れをする余裕なんかはない。

 

このブログにしてもそうだ。

適当な気持ちで記事を書いたことは一度もない。

 

1記事入魂の思いで毎回更新している。

 

現在と未来を変えるため

本気で考え、本気で行動している。

これだけ本気でも失敗することはある。

本気なだけに本当に悔しい思いを何度もした。

 

こんな思いをしているのは私だけではない。

 

せどりで成功している人なら

誰もが経験しているはずだし 

今現在、経験している人も多いだろう。

 

そして、自分も経験したからこそ

本気の人の気持ちがよくわかる。

 

だから

せどりをしている人には親近感がわくし

応援もしたくなる。

 

逆に

インターネットで稼いだことがない人。

そんな人から反対されることほど

悔しいことはない。

 

もう一度言うが

 

せどりを始めた人には必ず理由がある。

 

そして、続けている人の多くが

 

もうせどりしか選択肢がない

そんな強い決意で始めている。

 

反対するのは本当に簡単だ。

しかし

反対はするが

具体的な打開策を示してくれる人はいない。

 

具体案のない反対は無責任だ。

 

なぜ、せどりを選択をしたのか。

 

せどりを選択した

“人”に反対するのではなく

 

せどりしか選択できない状況や

環境に全力で反対してくれる人を

私は本当に信頼したい。

 

語弊を恐れず

全てのドリームキラーに言いたい。

 

あなたは

わずか1秒で反対したけど

 

私はあなたの何倍もの時間

悩み苦しんで出した答えだと。

 

 

せどりを続けることが

不安になったらこちらの記事を

確認頂きたい。

↓  ↓  ↓

かつら業界の低迷【ありのままの自分を生きる】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする