メタキーワードとメタディスクリプションとは?

メタキーワード メタディスクリプション

メタキーワードとメタディスクリプション(メタタグ)

ワードプレスでブログを運営していると、一度は聞いたことがある単語ではないだろうか。

メタキーワードはSEO対策に効果がある。

そう言われていたのは一昔前の話しで

現在は全く効果がないとGoogleが公式コメントしている。

Googleが公式コメントしているにもかかわらず、私は両方とも設定している。

理由はSEO対策を狙ってのものではなく、別の理由でメタキーワードとメタディスクリプションを設定している。

今回は私がメタキーワードとメタディスクリプションを設定する理由。

それと、simplicity、プラグインの設定方法を解説する。

メタキーワードとは

昔は検索エンジンにキーワードを伝えるためには、メタキーワードを設定する必要があった。

その後、検索エンジンも優秀になりメタキーワードではなく、タイトルタグ(記事タイトル)からそのブログのキーワードを読み取るようになったんだ。

メタタグに関してのGoogle公式コメントは下記の通りだ。

少なくとも現在のGoogle検索結果(2009年9月)では、答えは「いいえ」です。Googleでは、ウェブ検索ランキングで「キーワード」メタタグを使用していません。

参考:ウェブマスターセントラルブログ

その理由がこちら

キーワードメタタグは頻繁に悪用されていたため、Googleは長年に渡ってキーワードメタタグを無視し始めました。

キーワードを入れるだけで検索結果で上位表示されるなら

詰めれるだけ詰め込め

そんな行為をするブロガーが増えたのも理由の一つだ。

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは、検索結果に表示される赤枠部分のことだ

メタキーワード メタディスクリプション01

メタディスクリプションを設定していないと、冒頭の100文字(設定で変更可能)を表示して語尾が「…」になる。

あと、メタディスクリプションで太字の単語があると思うんだけど

実はこの太字がメタキーワードなんだ。

ブログを書く際に他の人がどのキーワードを狙っているか参考にできる。

逆にライバルに知られるのが嫌でメタキーワードを設定しない人もいるけど、私はあまり気にしていない。

せどりのような物販では、仕入れている商品やキーワードが知られるのは抵抗があるけど、ブログは同じキーワードでも書く人によって全く違う記事になる。

つまり、自分というフィルターを通すことで別物になるんだ。

キーワードが知られても、自分フィルターが勝っていれば心配はない。

メタタグを設定する理由

メタキーワードを設定する理由。

副業でブログを運営していると

書くことを決める

  ↓

タイトルを決める

  ↓

記事を書く

この全てを時間に限りがある平日に行うのは

あまりにも負担が大きいんだ。

だから、休日にタイトルだけの下書きをストックしておいて、平日は本文だけ書くようにしている。

タイトルを決めて即本文を書くわけではないから、あとから本文を書く際に

キーワードを忘れてしまう

例えばこちらの記事タイトル

メタキーワード メタディスクリプション

タイトルだけを下書きして1週間後に本文を書こうと思ったら、キーワードがヘッダーなのかヘッダー下なのか、メニューと設置の両方なのか、どちらか片方なのか忘れてしまう。

その対策としてメタキーワードに狙っているキーワードを入力しているんだ。

本文を完成したあと、わざわざ消すのもなんだからそのまま残している。

次にメタディスクリプションを設定する理由。

メタディスクリプションを設定しないと、全ての記事が冒頭100文字(変更可能)で表示される。

全ての記事の内容が、冒頭の文章だけでわかるとは限らない。

自分で入力した方が伝えやすいと思って、メタディスクリプションを設定するようにした。

このように私がメタタグを設定している理由は、SEOをは全く別の目的で設定している。

simplicityの設定

メタタグの設定はプラグインを使って簡単に設定できる。

さらに、simplicityにはデフォルトでメタタグの機能と、メタディスクリプションと同じ役割をする「抜粋」がある。

最初にsimplicityの設定を解説する。

ダッシュボードの外観からカスタマイズを選択。

メタキーワード メタディスクリプション02-1

メニューからSEOを選択。

メタキーワード メタディスクリプション02-2

ここでは記事ではなくサイトのメタタグを設定できる。

メタキーワード メタディスクリプション02-3

サイトタイトルで検索した際に、ここで入力したメタディスクリプションが表示される。

メタキーワード メタディスクリプション07

下の方に行くとチェックボックスがあるので、下記画像のように設定しよう。

メタキーワード メタディスクリプション02-4

次に「レイアウト(全体・リスト)」を選択。

メタキーワード メタディスクリプション02-5

「投稿画面の「抜粋」項目を利用」にチェックを入れる。

メタキーワード メタディスクリプション02-6

以上でsimplicityの設定は完了だ。

Meta Manager

次にメタタグ設定に便利なプラグイン

Meta Manager

全ての投稿記事、固定ページにメタタグ入力欄が表示される。

ダッシュボードの左メニューからプラグイン→新規追加を選択。

メタキーワード メタディスクリプション03

左上の検索窓に「Meta Manager」と入力。

インストールして有効化しよう。

メタキーワード メタディスクリプション04

有効化したら、ダッシュボード左メニューの設定からMeta Managerを選択。

※下の画像だと投稿の方が目立つが「設定」からMeta Managerを選択しよう。

メタキーワード メタディスクリプション05

先程のsimplicityの設定と同じように、サイトのメタタグを入力する。

それと、「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」にチェックを入れる。

完了したら必ず左下の「変更を保存」をクリック。

投稿画面

simplicityとプラグインの設定が完了すると、投稿画面にご覧のようなメタタグ入力欄が表示される。

これで記事ごとにメタキーワードとメタ情報を設定できる。

メタキーワード メタディスクリプション08

抜粋とメタディスクリプションは同じ内容になるので、どちらかに入力したらコピペしよう。

抜粋だけ入力すれば、検索結果にメタディスクリプションが反映されるんだけど、抜粋はsimplicityの機能だから、テーマを変更した際にメタディスクリプションが空欄になってしまう。

内容は同じで問題ないのでコピペで両方に入力しよう。

抜粋欄が表示されていなければ、右上の表示オプションから「抜粋」にチェックを入れよう。

メタキーワード メタディスクリプション09

これで抜粋入力欄が表示される。

他の検索エンジンでは?

Googleではメタタグの効果がないことはわかった。

では、他の検索エンジンではどうだろう?

代表的なところだと

YahooとBing

まずBingに関しては、過去に公式見解でこのようにアナウンスしている。

メタタグは過去に乱用されてきたので今では信頼性を失っている。

日本最大手のYahooはどうか?

実は以前は違ったけど

現在はYahooもGoogleと同じ検索エンジンを導入している。

違いとしてはYahooはさらに独自のYahooフィルターを通しているから、同じキーワードでもGoogleと検索結果や順位に違いがある。

ただ、基本は同じ検索エンジンだからメタタグに関してはYahooも効果なし。

と思っていたら、どうやらYahooはメタタグをインデックスしているらしい。

どこを探しても見つからないようなニッチなキーワードに対して、最終手段としてメタキーワードから情報を得ているようだ。

ただし、効果に関しては期待しないほうがいいだろう。

最後に

メタディスクリプションに関しては、simplicityの作成者わいひらさんが

僕が行っている地味だけど効果のあったSEO内部対策3つ

という記事でメタディスクリプションの入力を紹介している。

メタキーワード メタディスクリプション10

正直、効果のほどは不明だが、メタキーワードとメタディスクリプションの入力に負担を感じないのであれば、メタタグの入力をおすすめする。

ただし、メタキーワードは入れすぎるとスパム扱いされて逆効果だ。

必ず記事タイトルで狙ったキーワードだけを入力するようにしよう。

記事の中で、副業でのブログ記事作成のコツを話したが、副業でネットビジネスをするには時間の有効活用、時間の作り方が重要になる。

こちらの記事で時間の作り方を確認しよう。

↓  ↓  ↓

副業での時間の作り方【時間の特性を活かした作業法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする