キーワードプランナー使えない代わりに別の方法で検索ボリュームを調べる

ブログの運営で重要になるキーワード選定。

選択したキーワードが、どれだけ検索されているのかを調べるには

キーワードプランナーを使う

キーワードプランナーを使えば検索ボリュームを調べることができた。

そう、以前は調べることができたらしい。

現在のキーワードプランナーは

全く使えない

私がブログを始めた頃には、既にキーワードプランナーを使用してもざっくりとした検索ボリュームしか調べられなかった。

現在も「1万〜10万」「10万〜100万」など、かなり大雑把な数値を調べることはできるが、1万と10万では全く違うよね。有料では以前と同様細かく調べられるらしいのだが、私は使っていない。

検索した際に検索結果が数値で表示されるが

この数値は、検索したキーワードに関連するサイトやブログの数なので、検索される回数ではない。つまり、需要と供給の「供給」にあたる部分だ。

ただ、このキーワードに対してこれだけサイトやブログが存在するということでもあるので、一応参考にはなる。まったく需要がないものには供給もなかったりするよね。それと、以前はキーワードプランナーで需要を調べてブログを書いていた人も多かったと思うので、参考程度にはなるが、ちょっと弱いかな。

そこで今回は、キーワードプランナーが使えない代わりに、別の方法で検索ボリュームを調べる方法を動画で解説しているので、確認頂きたい。

※動画の途中で簡単な「足し算」を間違えているが気にしないで頂きたい(笑)

アラマキジャケ

キーワードプランナーが使えない代わりに無料で使えるツール

アラマキジャケ

動画を見ていただくとわかるように、簡単に検索ボリュームを調べることができる。

動画でも話ているが、あくまでも参考程度に考えて頂きたい。それと、情報発信のせどりブログでは使うことはあまりない。そもそも、「せどり」の検索ボリュームが少ないのに、さらに複合キーワードのスモールキーワードとなると、相当少ないだろう。

つまり、情報発信のせどりブログはアクセス数で勝負するものではない。アクセス数で勝負するのならトレンドや特化ブログの方が楽に稼げるので、せどりブログでトレンド的なアクセス数を狙うのはおすすめしない。

ハナサキガニの使い方

アラマキジャケの上の方にある

ハナサキガニ

このハナサキガニも使えるので紹介したいと思う。

「競合サイト被リンクチェック」を選択して狙っている「キーワード」を入力して「Check」をクリック。

そうすると、下の方に狙ったキーワードの、検索結果上位10位のブログやサイトが表示される。

ここからわかることは、被リンクされている数とドメイン年数。

この「ドメイン年数」が古いほどGoogleから評価される傾向がある。と言われているが、それが全てではない。上の画像を見ていただくとわかるが、私のブログはドメイン年数は6ヶ月だが、検索結果で2位となっている。ちなみにドメイン年数14年は無料ブログだ。

これからブログを運営される方は、自分以外の全てのブログが先輩になる。ドメイン年数では勝てることはないよね。だけど、上記画像のようにドメイン年数が負けていても上位表示させることは可能なので安心して頂きたい。

最後に

動画でも話しているが、今回紹介した、キーワードプランナーが使えない代わりに、別の方法で検索ボリュームを調べる方法

アラマキジャケ

それと、ドメイン年数を調べる

ハナサキガニ

両方ともGoogleで検索すれば簡単に見つけられる。

ネットビジネスで稼ぐにはリサーチ力が必須になるので、普段から気なること、知らない単語はまずは検索する癖をつけよう。

意外と検索結果からビジネスやブログの「ネタ」が見つかったりする。ネタが見つかればそのネタを掘り下げて検索したり、派生リサーチさせることで「種」になる。そして、実際に行動することで種が「実」となり、最後はその実を収穫しよう。

こちらの記事で検索力を上げる方法を解説しているので確認頂きたい。

↓  ↓  ↓

検索力を上げる方法【お金を生み出すための3つの力】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする