Googleの検索が早い理由【クロールとインデックスが重要】

あなたはGoogleの検索の仕組みを

ご存知だろうか?

Googleで検索をすると

検索結果の一覧が驚くほど早いよね。

なぜあんなに早いのか。

実はちゃんと理由があるんだ。

今回はわかりやすいように

Googleの検索が早い理由の

動画も作成したのでこちらも

確認いただければ幸いだ。

クロールとインデックス

Googleの検索エンジンの仕組みを

理解するのに覚えて欲しい単語が二つある。

一つは

クロール

そしてもう一つが

インデックス

この二つがとても重要になる。

はじめに

クロールとは

世界中のwebサイトから

情報を集めることをクロールと言う。

そして

WEBサイトから情報を

集めるロボットがいるんだけど

このロボットのことを

クローラー

って言うんだ。

どうやってクローラー達が

webサイトから情報を集めるのか。

実はwebサイトは蜘蛛の巣のように

リンクで繋がっている。

クローラー達はこのリンクをたどって

世界中のサイトを行き来し情報を集めている。

SEO対策で被リンクが大事とあるが

被リンクとはこのことだ。

誰からも、そしてどこからも

紹介されないサイトはクローラー達に

見つけてもらえない。

で、このクローラーなんだけど

実はあんまり優秀じゃないらしい。

というのは

一回で全部の情報を集めればいいのに

キャパが小さいのかちょっとしか

集められない。

だから

何度もクローラーに

来てもらう必要がある。

そのためには

先ほどのリンク(蜘蛛の巣)が

多く繋がっている方がクローラーが

頻繁に来て情報をいち早く

検索エンジンに届けてもらえる。

そして

内部リンク

内部リンクとは

自分のサイトの中でトップページ、

カテゴリー、記事がリンクで

繋がっている状態だ。

クローラーはリンクをたどって

移動するから

どこにも繋がっていない記事があると

クローラーがいつまでたっても

その情報を集めることができない。

次に

インデックス

インデックスは日本語で

索引とか見出し

といった意味で使う。

Googleのインデックスも

同じ意味だ。

クローラー達が世界中から

集めた情報をGoogleの

データベースに登録する。

簡単にいうと

本やCDを棚に入れる時って

あいうえお順とかに並べるよね。

それと同じで

集めた情報をあいうえお順に

仕分けするのをイメージして欲しい。

これが

インデックスだ。

そして

インターネット利用者、ユーザーが

Googleで検索をする。

検索されたキーワードに関して

先程のインデックスされた

全てのサイトに

200項目以上の質問をする。

その200項目以上の質問に対し

点数をつける。

たとえば

この項目は10点

この項目は5点

こんな感じで点数をつける。

最終的には総合点で検索結果の

順位を決める。

これをランキングと言う。

驚くのは

この200以上の質問から

ランキング結果を表示するまでに

かかる時間は

わずか0.5秒

ユーザーが検索してから

世界中のサイトを探しに

いくのではなく

すでにGoogleに

インデックスされているサイトから

検索結果が表示されるから早い。

これがGoogleの検索が早い理由だ。

逆に言うと

Googleにインデックスされないと

いつまでたってもGoogleに表示されない。

もっと言うと

クローラーが

あなたのサイトに来ないと

いつまでたっても

インデックスされないんだ。

最後に

本来、インデックスは勝手に

登録されるんだけど

ブログ初期の頃はどこからも

リンクされていないから

完全に無人島状態になっている。

そうすると

クローラーが来れないから

こちらから

クローラーを呼ぶ必要がある。

その方法はまた別の記事で

解説したいと思う。

今回の記事を読んで

せどりで

Amazonに嫌われる以上に

ブログで

Googleに嫌われるのはこわい

そう思ったかもしれないけど

Googleは

Amazonほど急な改定や規制はしない

もっと自由にできるし

基本的には検索ユーザーの

満足度向上がGoogleの一番の目的だ。

物販の顧客満足度は

最終的には価格競争になるけど

ブログはコンテンツの質や量が

重要になる。

つまり

コツコツと努力して継続した人が強い。

また

Googleへの依存度が高いと

思う方もいるかもしれない。

たしかに

そこは否定しないけど

サラリーマンとして

会社に依存することよりも

私はGoogleに依存することを

選択するかな。

せどりや情報発信って

AmazonやGoogleに

依存しているかもしれないけど

自分の力でお金を生み出して

いるんだよね。

一つの分野でお金を生み出せると

他にも応用がきく。

会社に依存するよりも

安定していると思えてならない。

私のブログ記事は毎回必ず

1,000文字以上あるんだけど

過去にタッチタイピングを練習して

本当に良かったと実感している。

もしあなたが

タッチタイピングが苦手なら

こちらの記事で練習方法を公開している。

↓  ↓  ↓

一番早いタイピングはカナ入力【タッチタイピングの練習法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする