情報中毒からの断捨離【お金を生み出すための3つの力】

情報中毒

お金を生み出すための3つの力

二つ目は

情報力

あなたは、日本でインターネットが

一般家庭に普及したのがいつ頃か

覚えているだろうか?

◯◯年とはっきり答えられるわけではないけど

マスコミが2000年問題を取り上げていたのは

なんとなく覚えている。

ちなみに私が初めてパソコンを購入したのは

2000年の秋だ。

当時購入したのは

初代 imac

本当に衝撃をうけたのを覚えている

パソコンと言えば

当時は白くて四角い無機質な箱

そんなイメージだったから

オフィスにはいいけど

自宅に置いたら完全に浮くよね。

でも、imacならインテリアとして

置きたいって思ったんだ。

もちろん

ちゃんとパソコンとしても使用していたよ。

話しは戻るけど、仮に2000年から計算しても

すでに16年が経過している。

この16年のインターネットの進化には

驚くものがある

検索すればなんでもわかるということは

ネット上には膨大な情報量が

蓄積されていることになる。

参考までに

1分間でインターネット上では

どれだけ膨大な情報が飛び交っているか

紹介したいと思う。

1分間で

・Googleが検索される回数は200万回

・Instagramに投稿される写真の数は2万7800枚

・27万8000回のツイートがTwitter上に発生

・Facebookでいいね!される回数は187万5000回

・送られるEメールの数は2億400万通

もちろん全世界を対象にした数字だ。

しかし、この数字を見れば

日本だけでも相当量の情報が

飛び交っているのが想像できる。

また

現代人の1日の情報量は

江戸時代の人の一生分

とも言われている。

では

人間が処理できる情報量は

向上しているのだろうか

ここが大事だよね。

どんなに情報があっても

それを処理できなければ意味がない。

つまり、情報過多の状態。

たしかに

ネットビジネスでお金を生み出すには

情報が絶対に必要だ。

しかし、ここで言う情報力とは

情報への対応力

つまり

目的に応じて情報を使いこなせるか

この力が必要になる。

私は一時期、情報収集ばかりしていた。

完全に情報中毒だったのかもしれない。

情報ばかり追いかけた結果

結局、何をやればいいのか

わからなくなった

情報を処理しきれなくなって

完全に脳が止まってしまったんだ。

脳は止まっていても

一歩も前進していない現状が

良くないことだけはわかった。

そこで私がとった行動は

情報の断捨離

一度全ての情報を遮断したんだ。

当時私が得ていた情報は

決して珍しい情報でもなく

得ようと思えばいつでも得られる

情報ばかりだった。

今必要なのは情報ではなく行動

そう思って、本当に必要なメルマガ以外は

全て解約した。

結果、情報中毒から解放され

また動き出すことができた。

そして

何かを得るには

何かを捨てるしかない

人間にはキャパシティがあり

キャパシティ以上の情報は

入らないんだよね。

今必要ない情報を捨てることで

今必要な情報が入ってきたんだ。

今やるべきことに集中し

行動を継続すれば

その経験から多くの情報を

得ることができた。

まさに

経験に勝る知識なし

わからないことは

ネットで検索すれば9割以上解決する。

しかも

検索即解決

いつでも知ることができる。

どうしても気になるなら

検索キーワードや

メルマガ発行者の名前をメモし

あとから調べたりメルマガ登録しよう。

大事なことなのでもう一度言うけど

その情報は本当に今必要なのか

もしあなたが

当時の私と同じ状況だとしたら

情報中毒からの断捨離に

挑戦してもらいたい。

 

ちなみに

先ほどの1分間の話だが

1分間でAmazonは

8万3000ドル(約824万円)分の

商品を販売

1日の取引額はすごい金額になる。

これだけ販売していたら

出品したら売れるのがわかるよね。

電脳せどりはキーワード検索が

必須になる。

こちらの記事を読んで検索力を

鍛えよう。

↓  ↓  ↓

検索力を上げる方法【お金を生み出すための3つの力】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする