アマゾンなら無料で自動価格改定ができる【プライスターは不要なのか】

価格改定自動

アマゾンで販売するためには

自分で価格を設定する。

ライバル不在で俺様価格を

設定しない限り通常はライバルの

価格にあわせる。

私は資金0から

クレジットカードではじめたので

支払日までにキャッシュにかえるため

必死だった。

だから当時は

自分の意思で価格を設定したことがなかった

いつもライバルの価格を確認して

頻繁に価格改定をしていた。

有料の自動で価格改定ができる

ツールの存在を知って

使ってみようか検討していると

アマゾンのセラーセントラルで

無料で自動価格改定ができるようになった

この機能があったから有料ツールは使用しなかった。

あのタイミングでアマゾンが

無料の自動価格改定に対応して

いなかったら間違いなく

有料ツールを使用していた。

価格の自動設定

セラーセントラル画面から

価格 → 価格の自動設定を選択

はじめて利用すると

このような画面が表示されるので

次へを選択しよう

次の画面もはじめて利用する際に

表示される画面だ。

内容は

カート価格や最安値にあわせていても

アマゾンポイントには対応しないよ。

つまり

価格は同じでもライバルが

ポイント設定していたらカートを獲得

している時間がライバルより短いかもよ。

そんな内容だ。

次へをクリックすると

価格の自動設定の説明画面が

表示される。

内容を確認して

開始するをクリックしよう。

価格設定のルールを作成する。

名前は

新品最安値

新品カート

など、自分がわかりやすい名前を

入力しよう。

各選択肢の項目を簡単に説明すると

比較対象の価格:

カートボックス

または

最低価格にあわせる

実行する価格設定操作:

比較対象の価格でカートボックスを

選択しているので下記選択肢になっているが

これが最低価格を選択したら

カートボックスの表示が最低価格に変更される。

指定金額

価格設定操作で

カートボックスと同じを選択すると

下記入力欄は表示されない。

指定金額は金額、または%で入力する。

商品の比較対象:

同じ商品を出品しているライバルの

コンディション(新品・中古)

もしくは

出荷方法(FBA・自己発送)に

あわせて価格改定を行う。

特定のタイプの商品では出荷方法

だけではなく

アマゾン本体の価格は無視して

ライバルのみにあわせる選択肢もある。

設定が完了したら

保存してSKUを選択をクリック

一括・個別に対応

保存してSKUを選択すると

個別設定の画面が表示される。

ここでは

価格の下限、上限をSKU毎に設定できる。

また、個別に価格改定を

開始、変更、停止

ができる。

後日、価格改定を行うには

セラーセントラルから

価格 → 価格の自動設定

を選択すると

下記画像が表示される

アクションの下にある

保留をクリックで全商品の

価格改定を止めることができる。

有料ツール

アマゾンの自動価格改定機能は

無料で使うことができる。

価格改定だけが目的なら十分だ

私がアマゾン自動価格改定機能を

使う前に迷っていた有料ツールは

プライスター日本版30日間無料

プライスターは価格改定以外にも

・かんたん出品

・売上自動計算

などの機能もあり

インストールをする必要もない。

さらに

自動価格改定では

アマゾンポイントにも対応している

そして

30日間無料

本当に迷った。

ただ

私の場合は売上管理は

エクセルで行っている。

転職経験が豊富なだけに

実はエクセルは得意だ。

とはいえ

エクセルでは自動での

売上管理ができない。

プライスターなら

自動で計算してくれるから

とても助かるよね。

もしあなたが

売上管理も自動で行いたいのなら

プライスターを試してみることを

おすすめする。

↓  ↓  ↓

プライスター日本版30日間無料

最後に

自動価格改定機能を使うことで

在庫の回転が良くなるのは間違いない。

ただし

回転が良くなるかわりに

利益が下がる傾向にある

回転を優先するか

利益を優先するかは

ご自身の状況もあるので

どちらが良いとは一概には言えない。

これだけ価格改定のことを

説明しておきながら

実は私は

最近はあまり価格改定を使っていない

理由は

せどりを続けたことで

最初の頃よりも仕入れ資金に

余裕ができたのと

リサーチ力が向上して

商品が

どれくらいで売れるか

または

どれくらい寝かせれば売れるか

がわかるようになった。

だから

売れるか不安で価格を下げる

ことがなくなったんだ。

最初は

アマゾンの価格改定機能でも

プライスターでもいいので

積極的に利用するのをおすすめする。

そして

リサーチ力が向上したら

なんでも価格改定するのは卒業しよう。

キャッシュが回らなくて

価格改定するのではなく

計画的に価格改定ができるようになろう

薄利多売と聞くと

正直いいイメージってないよね。

結果的に薄利多売になってしまうのと

狙って薄利多売にするのとでは

大きな違いだ。

薄利多売を狙うのはどんなときか

こちらの記事で公開中。

↓  ↓  ↓

利益率の重要性を考える【薄利多売は悪なのか】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする