Googleにインデックスさせる方法と確認方法

googleにインデックスさせる

せっかく書いたブログ記事。

検索しても表示されないと悲しいよね。

ブログを運営する前は、記事を公開すれば即インターネット上に公開されると思っていた。

だけど、実はGoogleにインデックスされないと

いつまでたっても検索結果に表示されない

さらに、インデックスされるにはクローラーが自分のブログに来てもらう必要がある。

詳しい解説はこちらの記事を参照して頂きたい。

↓  ↓  ↓

Googleの検索が早い理由【クロールとインデックスが重要】

ブログ記事を公開しておけば自動的にインデックスされるんじゃないの?

たしかに自動的にインデックスはされる。

正確には

自動的にクローラーが巡回に来る

ただし、この「自動的に」がいつ頃なのかは不明だ。

1時間かもしれないし1週間の可能性もある。

もしも、あなたが今が旬のトレンド記事を書いて、インデックスされたのが1週間後だったら。

この1週間がとてももったいないよね。

今回はgoogleにインデックスさせる方法と題して、自分のブログにクローラーを呼ぶ(リクエスト)方法と、インデックスされているかの確認方法を紹介したいと思う。

Search Console

まずはSearch Console(サーチコンソール)に登録を行う。

Search ConsoleととはGoogleが無料提供しているサイト解析ツールだ。

以前はウェブマスターツールという名称だったんだけど、2015年にSearch Consoleに変更したんだ。

まずはこちらからSearch Consoleにログイン。

↓  ↓  ↓

Google Search Console

Googleのアカウントでログイン、もしくは新規アカウントを作成。

googleにインデックスさせる00

右上の「プロパティを追加」をクリック。

googleにインデックスさせる00

ブログのURLを入力して「追加」をクリック。

googleにインデックスさせる00

登録する方法はいくつかあるのだが以下の2つが簡単でおすすめだ。

「HTML ファイルをアップロード」

「HTML タグ」

googleにインデックスさせる00

HTML ファイルをアップロード

「HTML ファイルをアップロード」を選択。

「この HTML 確認ファイル」をクリックするとHTMLファイルがダウンロードされるので、サーバーにアップロードしよう。

googleにインデックスさせる00

サーバーへのアップロード方法はこちらの記事を確認頂きたい。

↓  ↓  ↓

FTPからダウンロードする方法とアップロード方法

最後に「確認」をクリック。

このような画像が表示されれば完了だ。

googleにインデックスさせる00

HTML タグ

次に「HTML タグ」での登録方法。

もしあなたがsimplicityを使っているのなら、この方法が一番簡単だ。

「HTML タグ」を選択。

表示されるコードの ” と ” の間の文字列をコピーしよう。

googleにインデックスさせる00

おそらく、 ” と ” の間だけではなく、全文コピーされてしまうと思うので、下にある「例を表示」をクリック。

googleにインデックスさせる00

表示されたコードから ” と ” の間の文字列のみコピーしよう。

コピーが完了したら、ダッシュボード左メニューの外観から「カスタマイズ」を選択。

googleにインデックスさせる00

アクセス解析をクリック。

googleにインデックスさせる00

一番下にある

「Google Search ConsoleのID」

に先程コピーした文字列を貼り付けよう。

貼り付けたら忘れずに「保存」しよう。

googleにインデックスさせる00

Search Consoleに戻って「確認」をクリック。

このような画像が表示されれば完了だ。

googleにインデックスさせる00

Fetch as Google

Search Consoleの登録が完了したら次はgoogleにインデックスさせる方法。

正確には自分のブログにクローラーを呼ぶ(リクエスト)方法を紹介する。

Search Consoleの左メニューから「クロール」をクリック。

「Fetch as Google」を選択。

googleにインデックスさせる

記事のパーマリンクを入力して「取得」をクリック。

googleにインデックスさせる

パーマリンクに関してはこちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

ブログ初投稿の書き方【ワードプレスの投稿方法と画面説明】

「インデックス登録をリクエスト」と表示がされるのでクリック。

googleにインデックスさせる

「私はロボットではありません」にチェックを入れて「送信」をクリック。

googleにインデックスさせる

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されれば完了だ。

インデックスの確認

「Fetch as Google」を行えばインデックスされる。

ということではなく

ブログ更新したから見に来てね

と、クローラーにリクエストをしただけだ。

なので、即インデックスされるわけではないが、これまで「Fetch as Google」でリクエストしてから、遅くとも5分以内にはインデックスが完了されている。

インデックスされたかの確認方法はURLの頭に

site:

を付けることで確認可能だ。

インデックスが完了していればご覧のように検索結果に表示される。

googleにインデックスさせる

検索順位の確認

折角なので検索順位の確認方法も紹介する。

検索順位はこちらのサイトで確認ができる。

↓  ↓  ↓

SEOチェキ

URLを入力して「チェック!」をクリック。

googleにインデックスさせる

検索順位チェックにキーワードを入力して「チェック」をクリック。

検索順位が表示される。

googleにインデックスさせる

どうせなら、検索結果が10位以内の記事を紹介すれば良かった・・・。

最後に

Search ConsoleにはFetch as Google以外にも便利な機能がある。

ブログを運営する上で必須になるので必ず登録しよう。

また、今回紹介したgoogleにインデックスさせる方法。

Fetch as Google

やるとやらないとではインデックスされる速度が全く違うので、ブログ記事を投稿した際は忘れずに行って頂きたい。

Fetch as Googleは自分で行う必要があるが、非常に効果が高い方法だ。

こちらは効果の程はさだかではないが、自動で行えるのでこちらも忘れずに設定しよう。

↓  ↓  ↓

PING送信って効果あるの?【WordPress Ping Optimizer設定方法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする