ネットを使った副収入の作り方【電脳せどりという稼ぎ方】

副収入の作り方

副収入の作り方は色々あるよね。

本業が終わった後に

コンビニや飲食店でアルバイトをしたり

土日の休日を使って引越しのアルバイト。

私も会社員で働く前は

アルバイトを3つ掛け持ちした

時期があった。

さらに

音楽スクールにもかよっていたので

本当に大変だった。

寝不足でいつも口内炎に悩まされていた。

あの当時、せどりのことを知っていたら

間違いなくやっていただろう。

アルバイトを3つ掛け持ちするより

収入を得られるし

なにより

時間に余裕ができる。

会社員になってからは

収入が多少は安定したのと

本業で疲れ切っていたので

副業しようと思ったことはなかった。

だから

副収入の作り方なんて

考えもしなかった。

でも

現在の会社が縮小か廃業と聞いたとき

今から副収入の作り方を

知っておくべきだと思った。

安定して稼げるようなら

独立することも視野に入れ色々探した。

そこで

せどりの存在を知ったんだ

せどり(競取り、糶取り)とは

同業者の中間に立って品物を取り次ぎ

その手数料を取ること。

また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)

を指すが、一般的には古本用語を元にした

「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」

商行為を指す言葉。(Wikipediaより)

問屋や小売店も実際やってることは一緒だよね。

メーカーから商品を仕入れて

仕入れた金額より高値で小売店に販売する。

小売店は

メーカーや問屋から仕入れた商品を

仕入れた金額より高値で消費者に販売する。

つまり

せどりは商売の基本「物販」だ。

そしてせどりをしている人のことを

せどらーと呼んだりする。

私がせどりの存在すら知らなかった頃

せどらー達はこぞってブックオフで

仕入れていたんだ。

中古の本を仕入れてAmazonで販売。

その後、CDやDVD、ゲームなんかも

仕入れるようになり

ここ数年はおもちゃやフィギュア

家電なんかも仕入れている。

ただ

本業のあとや休日に商品を仕入れるため

外出をする気になれなかった。

自宅で副収入の作り方を探したところ

ネットショップやヤフオクで商品を仕入れて

Amazonで販売する

電脳せどり

と出会ったんだ。

他にもアフィリエイトとかも考えたんだけど

結果が出るまでに時間がかかるのと

どうやって収入を得ているのか

全く想像できなかったんだ。

せどりは物販なので収入を得る仕組みが

わかりやすかった。

そして失敗のリスクも少ない。

仕入れた商品を値下げすれば

利益は減るが販売することができる。

最悪赤字になっても

全額損することはまずない。

商品自体の価値が0円になることは

考えられないからね。

しかも

自宅で完結できるなら最高だと思って

電脳せどりをはじめたんだ。

実際やってみると

最初の頃は本当に仕入れる商品が

見つからなかった。

これは私だけではなく

誰もが必ず通る道だ。

そして

誰もが必ず仕入れる商品を

見つけられるようになる。

店舗で仕入れる「店舗せどり」

店舗せどりの方が利益が大きいことが多い

移動の交通費はかかるけど

1店舗で大量に仕入れることも可能だ。

反対に

ネットで仕入れる「電脳せどり」

送料が別途かかるから

店舗に比べると利益が低いことが多い

ただ

自宅で完結できる手軽さは

電脳せどりならではだ。

おすすめの

自宅でできる副収入の作り方は

何かと聞かれれば

私は間違いなく

電脳せどりと答える

副業でも時間の作り方次第で

効果的に作業をすることができる。

その方法を知りたい方はこちらを確認しよう。

↓  ↓  ↓

副業での時間の作り方【時間の特性を活かした作業法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする