せどりでフィギュア仕入れにランキングは重要?

せどりの仕入れで、ランキングが何位以内を仕入れよう。などの記事を読んだりする。私もせどりを始めた頃はランキングを気にしていた。

Amazonランキングに関してはこちらの記事で紹介している。

↓  ↓  ↓

せどりで売れるランキングとは【アマゾンランキングの仕組み】

この記事でも紹介しているが、私はランキングを全く見ていない。販売実績と現在の出品数を見ているので、今回の記事タイトル

せどりでフィギュア仕入れにランキングは重要?

この答えは

重要では無い

一応、私がランキングを見ていた頃は、1ヶ月以内に売れるホビーランキングは10,000位以内を目安にしていたが、全くあてにならなかった。

今回は、実際に私がランキングを無視して仕入れたフィギュアを紹介する。データが古いので現在も利益が出るかはわからないが、派生リサーチなどで活用頂きたい。

フィギュアはブランド名

フィギュアでリサーチする際は

ブランド名

でリサーチしよう。

フィギュアは同じ漫画やアニメでも、ブランド(シリーズ)として販売されることが多い。

もちろん作品名やキャラクター名でもリサーチできるが、ブランド名でリサーチするのが一番効率が良いのと派生させやすい。

実際に仕入れたブランド

実際に私が仕入れたブランドを紹介する。ここで紹介するのは一部なので、紹介したブランド以外でも仕入れが可能だ。それと、同じ商品だと現在は利益が出ない可能性もあるので、派生リサーチを使おう。

派生リサーチに関してはこちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

一つの商品を違う視点から見る【芋づる式リサーチ法】

フィギュアのAmazonカテゴリーはホビーなので、販売手数料は10%。

ヤフオクで仕入れた際の送料は、地域にもよるが250円〜600円が多い。

これから紹介する商品の
 

  • 1ヶ月の新品販売実績
     
  • 新品出品者数
     
  • FBA最安値
     

ここに注目してい頂きたい。

FBA最安値は当時カートを獲得していた価格を記載する。

そして「ランキング」にも注目して頂きたい。私がランキングを無視しているのわかるはずだ。

また、ヤフオクで検索する際は「検索キーワード」をそのまま入力しよう。()付きのキーワードは()を付けたまま検索する。

SHフィギュアーツ 

検索キーワード:(S.H.Figuarts S.H.フィギュアーツ)

 当時のFBA最安値:7,500円

当時のランキング:54784

ちなみに、仕入値は高くなるかもしれないが、「S.H.モンスター」も仕入れ可能だ。

 ロボット魂

検索キーワード:(robot魂 ロボット魂)

当時のFBA最安値:6,500円

当時のランキング:46950

figma

検索キーワード:figma

当時のFBA最安値:5,400円

当時のランキング:54355

スタチューレジェンド

検索キーワード:(スタチュー レジェンド) (ジョジョ jojo)

当時のFBA最安値:4,300円

当時のランキング:13043

ultra act

検索キーワード:ultra act

当時のFBA最安値:3,980円

当時のランキング:7010

ランキングを無視といいながら、この商品はランキングが高かった・・・。

フィギュア再販の可能性

人気のアニメやキャラクターになると、もちろん再販はある。

ただ、そういった商品はAmazonのホビーランキングも高い。私は基本ホビーランキングを無視していたので、再販されるような人気商品はほとんど仕入れていなかった。再販がないということは、Amazonも在庫なし。

ただ、全ての商品が再販しないわけではない。Googleで「フィギュア 再販 情報」と検索すると再販情報が確認できるので、フィギュアをメインで扱うのなら、定期的に確認しよう。

今回紹介した商品では「スタチューレジェンド」

こちらはカラー違い(セカンドカラー)での再販が多かったりする。

フィギュアを作成する際は、まず金型(かながた)という原型を作り、そこへ材料を流し込み固めて完成だ。金型があるので再販はしやすい。だけど、全く同じで再販しても販売数が下がる可能性の方が高い。そこで、髪の毛や衣服のカラーを変更して再販する。

これがカラー違い(セカンドカラー)だ。

スタチューレジェンドは特に多いので注意しよう。

以前は、金型は固定資産税が掛かるので、初回生産後は金型も廃棄するのが主流だった。だから再販されることはほとんどなかったが、現在も廃棄しているかは不明だ。

フィギュア偽物見分け方

ヤフオクでの仕入れで、一番怖いのが偽物だ。

これはフィギュアに限った話ではなく、他の商品でも常に偽物のリスクは伴う。

基本中の基本だが
 

  • 出品者の評価 
     
  • 画像
     
  • 商品説明欄
     

この辺は必ず確認しよう。

気になるところは必ず出品者に確認。ヤフオクはオークション形式なので、終了までに時間がある。その時間を有効に使うようにしよう。即決価格で焦って落札すると

だいたい失敗する

偽物じゃなくても、セカンドカラーだったり、バージョン違いだったり・・・私も何度か経験した。

特に画像はよく見て頂きたい
 

  • JANコードなしは注意
    画像にJANコードがない
     
  • 画像が公式サイトのみは注意
    実際の商品の画像がない
     
  • 画像がピンボケは注意
    鮮明にできない理由がある
     
  • 美少女系なら顔のアップをよく見る
    顔にビニールがかかっているのはNG
     

慣れると画像の撮り方などですぐに判断できるが、慣れない間は公式画像と比較するといいだろう。

最後に

今回紹介した商品、全く同じ商品は仕入れられないかもしれないが、大事なことはそこから派生させることだ。そもそも、ブログやメルマガなどで商品名が出た時点で、その商品は仕入れができない可能性がある。そこで諦めるのではなく、そこから派生させる癖をつけよう。

そして、ヤフオクでの「偽物疑惑」

これはどのカテゴリー、ジャンルでも伴うリスクだ。だけど、とにかくリサーチを繰り返すことで目が養われる。スキルが身につく。信じられないかもしれないが、本当に実力がつく。

だけど、多くの人がその前にリサーチをやめてしまうのも現実だ。せどりはこの「スキル」が身につくから稼ぐことができる。

諦めずにとにかくリサーチを繰り返して頂きたい。

リサーチを繰り返すのは基本だが、リサーチを助けてくれるのが自動化だ。

自動化せずに毎日リサーチを繰り返すのは現実的ではない。こちらの記事で自動化の方法を解説しているので、必ず確認しよう。

↓  ↓  ↓

せどりを辞めた理由【こんな作業を続けるなら辞めた方がいい】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする