macのコピペ履歴を保存する最強アプリ【全てのコピペが過去になる】

macコピぺ履歴アプリ

Ctrl + C でコピーして

Ctrl + P で貼り付ける

あ!これ前回コピーした単語じゃん!!

あなたはこんな経験をしたことはないだろうか?

コピー&ペースト

俗に言うコピペ

Windows、macを問わず

パソコンを使用する際には必ず使うよね。

私がmacを使って

一番最初に感動したのがこの機能

コピペ履歴を保存

この機能を利用するには

アプリをインストールする必要がある。

早速、設定方法と使いかたを

解説したいと思う。

コピペ履歴を保存

macのコピペ履歴を保存するアプリ

名前は

Clipy

上の画像をクリックすれば

ダウンロードサイトへ飛べる。

ダウンロードサイトで

Downloadをクリック

Clipyをダウンロードして

インストールしよう

インストールすると

右上にClipyが表示される

Clipyの設定

特に設定することはないんだけど

私の設定は下記画像の通りだ。

設定画面を開くには

右上のClipyをクリックして

環境設定を選択

変更する可能性があるとすれば

ショートカットの履歴メニューくらいだろう

Clipyの使い方

例えば

下記画像の単語をコピペしよう

と思ったら

通常は一文字コピーしてペースト

また一文字コピーしてペースト

この繰り返しだと思うんだけど

Clipyを使用する場合は

最初に一文字ずつコピーして

全てコピーしたら右上のClipyをクリック

このようにコピーした履歴が保存される

あとはペーストしたい単語を選択する。

個人情報の入力などで

何度も同じ単語を入力するときにとても便利だ。

さらに

ショートカットを使えばもっと便利になる。

初期設定では

shift + command + V

に設定されているはずなので

shift + command + V で

下記画像のように保存した履歴を

呼び出すことができる。

書式を引き継がない

実はClipyの良さはこれだけじゃない。

コピー元の書式を引き継がない

下記画像の反転している文章

この部分をコピペすると

通常のコピぺだと

コピー元の書式を引き継いでしまい

ご覧のような表示になってしまう

ところが

Clipyでコピぺすると

コピー元の書式ではなく

コピー先の書式にあわせる

つまり

下記画像のように表示される

この機能も地味に役立つ。

最後に

実際、私はWindowsを使用した際に

一番ストレスになるのが

履歴を保存できないコピぺだ

特にサラリーマンだと

エクセルをよく使用する。

同じ単語を

シートをかえてコピぺ

ファイルをかえてコピぺ

そして

得意先や取引先のWEBサイトにコピぺ

自分のmacを持ち込みたいと何度も思った。

コピぺは本当に良く使う機能なので

あなたがmacを使用しているのなら

是非活用頂きたい。

あなたのタイピングはローマ字入力?

それとも

カナ入力?

タイピングが誰よりも早くなりたい

と思っているのなら

カナ入力を検討することをオススメする。

↓  ↓  ↓

一番早いタイピングはカナ入力【タッチタイピングの練習法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする