ブログの目次にはSEO効果があるのか【目次自動生成プラグイン】

ブログ目次

ブログの目次には2種類ある。

一つは記事タイトル毎に作成されるサイトマップ。

このブログのグローバルメニューにある目次のことだ。

もう一つは、記事の見出し毎に生成される目次。

このような目次だ。

今回はブログタイトル毎のサイトマップではなく

記事目次の生成と、目次のSEO効果について解説したいと思う。

目次のSEO効果

目次のSEO効果に関しては、噂では効果があると言われている。

根拠としては

目次生成すると検索結果に見出しが表示される

具体例で説明すると

下記画像は検索結果の一覧なんだけど、見出しの「サイドバーは必要?」がリンク表示されている。

目次を生成していないと、見出しがアンカーテキストにならないのでリンク表示されない。

もちろん、見出しがないブログもリンク表示されない。

このことから

検索結果に表示されるならSEO効果がある

これがブログの目次にSEO効果があると噂される理由だ。

あくまで噂なので真相は不明だ。

ちなみに私が目次を生成したのはSEOとは別の理由だ。

目次を生成した理由

このブログの初期の記事には見出しが全くない。

これまで人に見せる文章を書いたことがなく、自分用のメモや原稿ばかりだったから

文章構成を考えたり見出しをつくる

習慣がなかったんだ。

その対策として目次を生成するようにした。

目次を生成するには必ず見出しが必要なのと、プラグインの設定を

3つ以上の見出しで目次を生成する

この設定にしてるから、常に見出しを意識するようになった。

見出しがある方が読みやすいと思い、文章構成を考える練習のためにはじめたんだ。

Table of Contents Plus

目次を自動生成するプラグイン

Table of Contents Plus

この設定方法を解説する。

はじめにダッシュボードのプラグインから「新規追加」を選択

次に右上の検索窓に「Table of Contents Plus」と入力

設定からTOC+を選択

Table of Contents Plus画面から設定するんだけど、下記画像は私の設定になる。

位置:目次の表示場所

表示条件:見出しの数が選択した数字以上で目次を生成

以下のコンテンツタイプ〜:投稿記事のみに目次を生成するならpostを選択

見出しテキスト:目次の表示名。その下は目次を「表示」「非表示」する際の表示名

階層表示:見出しのh2、h3、h4〜で階層表示させる

番号振り:目次の頭に数字を表示させる

横幅:autoでも問題ない。

私はタイトルが短い見出しが多いので固定を選択している。

プレゼンテーション:目次の表示形式

設定が完了したら「設定を更新」をクリックしよう。

一応「上級者向け」も解説すると

見出しレベル:目次を生成するhタグ

最後に

見出し目次のSEO効果がどれほどあるかは不明だが、記事を書く上で文章構成を考えることはとても大事なことだ。

もしあなたが文章を書くことに慣れていないのなら、文章構成の練習の意味も含め、目次自動生成プラグインのインストールを検討いただきたい。

文章を書く際に必ず必要な改行。

ワードプレスの初期設定では連続改行ができない。

連続改行を可能にするにはプラグインが必要だ。

こちらの記事で設定方法を確認しよう。

↓  ↓  ↓

ワードプレスで改行が反映されない【改行を見れば性格がわかる?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする