ブログのカラムとは何か【サイドバーをカスタマイズする】

ブログカラム

ブログをはじめてから知った単語

カラム

カラムとは何か

今回は

ブログのカラムの解説

ブログレイアウトのパーツ名称

それと

サイドバーのカスタマイズ方法

を解説したいと思う。

カラムとは

ブログには基本のレイアウトが

決まっている。

カラムとはレイアウトの

基本構成になる。

言葉で伝えるよりも

画像の方が理解しやすいと

思うので画像付きで解説する。

1カラム

メリット

読んで欲しいものだけに集中してもらえる

デメリット

情報が少ないので他の記事への

誘導が難しい。

結果、直帰率が上がる。

2カラム

メリット

見栄えが良くスッキリする。

他の記事へも誘導しやすく

見やすさだけなら

3つのカラムのなかで一番。

デメリット

情報が多いとサイドバーの

スクロールが終わらない。

メニューは右?左?

サイトやブログを読むとき

人の目はZやFの字を描く

このことから

一番見られる場所は左上

記事本文を

一番読んでもらいたいなら

サイドバーは右側

別の情報やサイドバーを

一番見てもらいたいなら

サイドバーは左側

を選択すると良い。

3カラム

メリット

読者の選択肢が増えるので

直帰率が下がる。

デメリット

見た目がゴチャゴチャする。

情報が少ないとサイドバーが寂しい。

サイドバーは必要?

サイドバーは通常

パソコンでの表示となる。

スマホではモバイル表示のため

1カラムになる。

最近はパソコンではなく

スマホでのネット利用者が増えた。

もしも

サイドバーがないと

ブログが読みづらいなら

みんなスマホでブログを

読まないよね。

そう考えると

サイドバーはブログ運営者の

目線であり

読者としては特に必要が

ないのかもしれない。

今後は間違いなく

スマホでのブログ閲覧者が増える

今から1カラムでのブログ運営を

考えておく必要がありそうだ。

とはいえ

現在はまだパソコンからの

読者も多いので

次の項目ではサイドバーの

カスタマイズ方法を解説する。

カスタマイズ方法

カスタマイズ画面とダッシュボードから

変更することが可能だ。

まずは

カスタマイズ画面から

カスタマイズ画面

ダッシュボードの上の方にある

サイトをカスタマイズをクリック

カスタマイズ画面が表示されたら

左側メニューの

ウィジェットをクリック

次に

サイドバーウィジェットを選択

メニューに表示されている

項目(ウィジェット)が

実際のブログ画面に表示される

項目になる。

最近の投稿は

投稿自体がないので

表示されていない

項目を削除するには

ウィジェットを削除する。

右上の矢印をクリックして

削除をクリックすれば完了だ

変更した際は

必ず保存ボタンをクリックしよう

左上の×でダッシュボードに戻る

ダッシュボード

次にダッシュボードからのカスタマイズ。

ダッシュボードからの方が私は使いやすい。

ダッシュボード画面から

外観 → ウィジェットを選択

左のウィジェットを

好きな場所にドラッグすれば

ブログに反映される

サイドバーだけではなく

あらゆる場所に

あらゆるものを表示できる。

この自由度も

ワードプレスの醍醐味だ。

サイドバーウィジェットの

削除方法は

先程と同じように

削除したいウィジェットの

右上の矢印をクリック

削除を選択すると削除完了だ。

私のブログのサイドバーは

初期設定時から使用しているのは

検索とカテゴリーのみだ

最初の頃は

本当に寂しいサイドバーだった

左上の

ライブプレビューで管理を

クリックすれば

設定の変更を確認できる

右側のサイドバーが

検索とカテゴリー

のみになってるよね。

最後に

ブログの基本構成

カラム

そして

各パーツの名称

さらに

サイドバーのカスタマイズ

を解説したけど

理解して頂けたかな。

各パーツの名称は

カラムの画像を見て頂ければ

問題ないと思うので

特に説明はしていない。

ワードプレスを使えば

簡単に見やすいレイアウトを

カスタマイズできる。

だけど

どんなに見やすいレイアウトでも

記事の内容に価値がなければ

意味がないよね。

大事なことは

カラムやレイアウト以上に

記事の内容が大事

このことを忘れないようにしよう。

ブログの記事作成でも

コピペを使うことは多い。

macならコピペの履歴を保存して

効率良く作業をすることができる。

その方法はこちらの記事で確認しよう。

↓  ↓  ↓

macのコピペ履歴を保存する最強アプリ【全てのコピペが過去になる】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする