ワードプレスおすすめのバックアップ方法【興奮で宙返りをしている】

ワードプレスバックアップ

大事な資産ブログ

資産ブログが全て削除されたら

または

レイアウトを変更して元に戻らなくなったら

想像しただけでめまいがしてくる

今回はそんな大事なブログを守るため

ワードプレスのおすすめ自動バックアップの方法を2つ紹介する。

BackWPup

一つめのおすすめバックアップ方法は

BackWPup

ダッシュボードのプラグインから新規追加を選択

検索窓に「BackWPup」と入力してインストール

インストールが完了したら「有効化」させる。

「有効化」させたら左のメニューに「BackWPup」が表示される。

「BackWPup」から「新規ジョブを追加」を選択。

「一般」の「このジョブの名前」はわかりやすい名前を入力。

「このジョブは…」は任意でバックアップするデータを選択する。

ただし、上の二つは必須なので必ず選択しよう。

アーカイブ名はデフォルトのままで問題ない。

「アーカイブ形式」はWindowsの方は「Zip」、Macの方は「Tar GZip」を選択しよう。

「バックアップの保存方法」は「フォルダにバックアップ」を選択。

「ログファイル」はデフォルトで入力されているのでそのままで大丈夫だ。

「エラー」にチェックが入ってなければチェックしよう。

次に「スケジュール」

「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択

「スケジューラタイプ」は基本を選択。

「スケジューラ」は「毎週」を選択。

「DBバックアップ」は全てにチェックを入れよう。

「ファイル」は下記のように設定しよう。

おそらくデフォルトのままで問題ないはずだ。

「宛先:フォルダ」の「バックアップを格納するフォルダ」はわかりやすい場所を設定するんだけど、よくわからなければデフォルトで表示されている場所でも問題ない。

「ファイルを削除」は3ヶ月分のデータを保存するため12回にしている。

(週1回 × 3ヶ月)

設定が完了したら早速バックアップしてみよう。

ダッシュボード左のメニューにある「BackWPup」から「ジョブ」を選択。

「今すぐ実行」を選択。

上と下の両方が100%になったら完了だ。

以上で完了。

今後はスケジュール通りに自動でバックアップされる。

VaultPress

2つめのおすすめバックアップ方法。

VaultPress

ワードプレスにJetPackをインストールしていれば、ダッシュボードの画面上部にこのような表示があると思う。

「VaultPressバックアップを有効化」をクリックしよう。

クリックすると下記画像が表示される。

ちなみに、VaultPressのバックアップを使用するには、「WordPress.com」の登録が必要になるので事前に登録しておこう。

「毎月」か「毎年」を選択して「アップグレード」をクリック。

私はパーソナルプランを利用しているんだけど、1ヶ月の料金は500円弱。

クレジットカード情報を入力して「$3.50を支払う」をクリック。

$3.50は月額料金だ。

ここで一つ気になったんだけど、右下にある

「Postal Code」

Postal Codeって知らなくて調べたんだけど「郵便番号」のことだった。

Postal Code

すごくカッコイイと思ってしまった。

支払いが完了すると下記画像が表示される。

ここでもう一つ気になったのが

「それは興奮で宙返りをしている!」

よっぽど興奮しているのがよくわかるよね。

ちなみに原文は下記画像のとおりだ。

翻訳サイトでも確認したけど

興奮が冷め止まないらしい。

最後に

今回、ワードプレスのおすすめバックアップ方法を2つ解説した。

この2つの方法

どちらがいいのか?

実は私は2つとも利用している。

バックアップがあればブログに何かあっても安心だ。

ブログは安心だけど

バックアップの方は大丈夫?

なんらかの理由でバックアップが取れていない。

そんなことがあっても、2つ利用していれば安心だ。

VaultPressは有料だけど月額ワンコインでとてもリーズナブル。

さらに、BackWPupに関しては無料。

だったら両方利用しよう。

ということで

石橋を砕いて渡るタイプの私は両方利用している。

ワードプレスの自動バックアップを利用することで、安心して記事を更新できるよね。

ブログ初投稿の書き方はこちらの記事で確認しよう。

↓  ↓  ↓

ブログ初投稿の書き方【ワードプレスの投稿方法と画面説明】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする