アナリティクスとサーチコンソールの違いと同期・設定方法

アナリティクス違い

Googleの無料サービスでアクセス解析を行う方法。

その方法とは

Googleアナリティクス

無料とは思えないほど細かく解析ができる優秀なツールだ。

あまりにも優秀すぎて

私は使いこなせていない

単純にアクセス数を調べるだけなら、こちらの方法でも可能だ。

↓  ↓  ↓

自分のブログをアクセス解析してみよう

私は主に「Jetpack」を使ってアクセス数を確認している。

ただ、あれだけ優秀なツール、Googleアナリティクスを使いこなせれば、アクセスアップの対策もできる。

今回はアナリティクスの設定方法とワードプレスに設置する方法、それとサーチコンソールとの同期。

そして、アナリティクスとサーチコンソール、二つのツールの違いを解説する。

アナリティクスの設定方法

まずはこちらからアナリティクスの公式サイトへ行こう。

右上の「アカウントを作成」をクリック。

アナリティクス違い

Googleアカウントでログイン、もしくはアカウントを新規作成する。

アナリティクス違い

右側にある「お申し込み」をクリック。

アナリティクス違い

下記項目を入力。

アナリティクス違い

チェックボックスにチェックを入れて「トラッキングIDを取得」をクリック。

アナリティクス違い

「同意する」をクリック。

アナリティクス違い

アナリティクスの画面が表示されたら、中央下側に「トラッキングID」が表示される。

トラッキングIDは、ワードプレスに設置したり、サーチコンソールとの同期で使用する。

アナリティクス違い

トラッキングIDの確認方法は、左にある矢印「←」をクリックすると、三分割された画面が表示される。

真ん中にある「トラッキングコード」をクリック。

アナリティクス違い

トラッキングIDが表示される。

アナリティクス違い

アクセス解析

次にアクセス解析の方法。

左上にある矢印をクリック。

アナリティクス違い

下記画面が表示されるので、解析したいサイトの「ビュー」の項目をクリック。

アナリティクス違い

下記画面が表示される。

この画面でアクセス数やPV数などのアクセス解析ができる。

アナリティクス違い

  • セクション
    → 訪問者の訪問回数。
      30分以内に何度サイトを訪れても
      訪問回数は1回。
      30分以上経過して
        再びサイトを訪れると2回。
     
     
  • ユーザー
    → サイトを訪れた人数
     
     
  • ページビュー数(PV)
    → 見られたページ数
     
     
  • ページ/セッション
    → 1セッションにおけるPV数。
        内部リンクを最適化させて
      対策することが可能。
     
     
  • 平均セッション時間
    → サイトの滞在時間。
        2ページ以上見られて
      初めてカウントされる。
      1ページのみだと0秒。
     
     
  • 直帰率
    → 1ページのみで去った割合。
      1ページのみだと直帰率100%
     
     
  • 新規セッション率
    → 数値が高いと新規ユーザーが多く
      数値が低いとリピーターが多い。
     

ワードプレスに設置

次はワードプレスにアナリティクスを設置する方法。

私が使っている「Simplicity」で解説する。

ダッシュボード左メニューの外観から「カスタマイズ」を選択。

アナリティクス違い

メニューから「アクセス解析」を選択。

アナリティクス違い

トラッキングIDを入力。

アナリティクス違い

最後に「保存」をクリックして完了。

アナリティクス違い

「Simplicity」だと簡単に設置が完了する。

改めて優秀なテーマだと実感した。

サーチコンソールと同期

最後はサーチコンソールとの同期方法。

アナリティクスの左下にある「管理」をクリック。

アナリティクス違い

真ん中の列の一番上にある「プロパティ設定」をクリック。

アナリティクス違い

下の方にある「Search Consoleを調整」をクリック。

アナリティクス違い

「編集」をクリック。

アナリティクス違い

同期させるサイトを選択して「保存」をクリック。

アナリティクス違い

「OK」をクリック。

アナリティクス違い

「保存」をクリックして完了だ。

アナリティクス違い

ワードプレスとサーチコンソールの同期がまだなら、こちらの記事を確認しよう。

↓  ↓  ↓

Googleにインデックスさせる方法と確認方法

アナリティクスとサーチコンソール

Googleアナリティクスとサーチコンソール。

この二つの違いは、知りたい情報が

サイト訪問前なのか訪問後なのか

これによりどちらを使用するかが決まる。

それぞれの特徴を解説すると、まずは

アナリティクス

アナリティクスはサイト訪問後の解析が可能だ。

サイト訪問者の人数や、どの媒体から訪問したのか、訪問後どれくら滞在して、どのページを見て、その後どのページに移動して、合計何ページ見たのか。

などの、流入後の行動を解析できる。

つまり、リピーター対策が可能になる。

次に

サーチコンソール

サーチコンソールはサイト訪問前の解析に長けている。

自分のサイトが検索結果でどの位置にいるのか、何回表示されて何回クリックされているのか。

などの、流入前の解析。

つまり、新規ユーザー対策が可能となる。

アナリティクスがユーザー向けの解析なのに対し、サーチコンソールは検索エンジン向けの解析になる。

アナリティクスとサーチコンソール

この二つを制するものがブログを制する

最後に

今回、記事を書くにため久しぶりにアナリティクスをしっかりと見たが、

やっぱり凄いサービス

と、改めて実感した。

これまでは、検索結果に上位表示させるため、記事数を増やすことに専念してきたが、そろそろ内部対策の必要があるようだ。

なんて、何か秘策があるように言ってみたが、困ったことに秘策など何もない。

なので、今後も何かが変わるわけでもないと思われる。

今回、自分のサイトを解析する方法を紹介したが、他のサイトのアクセス解析も無料で行うことができる。

その方法はこちらの記事を確認いただきたい。

↓  ↓  ↓

他のサイトのアクセス数を調べる方法【Similarwebは危険?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする