アドセンス1次審査を1日で通過した記事の書き方と記事数とは

アドセンス書き方

アドセンス審査が通らない!!

私がブログをはじめた頃から、そして現在もよく耳にする。

アドセンスの審査を通すための無料ブログを開設したり、必要な記事数、記事の書き方、画像はない方が良いなど、様々な情報が出ている。

だけど、確実にアドセンスの審査を通す方法はGoogleにしかわからない。

ネット上に出ている情報は、実際に審査が通った方法がまとめられているだけだ。

とはいえ、他に情報がないので、私もネットの情報を参考に申請した結果、無事審査を通すことができた。

今回は、私がアドセンス1次審査を1日で通過した記事の書き方と、記事数を紹介するので参考にして頂きたい。

記事数と画像

アドセンス審査でよく言われるのが

記事数と画像の有無

実際に私が申請した際の記事数は10記事。

画像は、10記事全てにアイキャッチ画像を設定。

さらに、全ての記事の先頭にアイキャッチ画像を貼り付けていた。

文字数と更新頻度

こちらもよく噂されることだが

文字数と更新頻度

私が申請した際の文字数は全て1000文字以上。

更新頻度は1日1記事を10日間継続した。

記事の書き方

最後に記事の書き方。

アイキャッチ画像は使っていたが、それ以外の画像は10記事中1枚だ。

極力画像を使わない記事を書きたかったので、全て「マインド」の記事を書いた。

どうしても「解説」の記事は画像を多用する。

だけど「マインド」なら文章だけでも説明できると思ったからだ。

実際に申請した記事

私が実際に申請した記事は下記の通りだ。

  1. ゴルゴ13の命中率は100%ではなかった【せどりなら高確率で稼げる】
     
     
  2. 検索力を上げる方法【お金を生み出すための3つの力】
     
     
  3. 情報中毒からの断捨離【お金を生み出すための3つの力】
     
     
  4. 継続する方法を考える【お金を生み出すための3つの力】
     
     
  5. 一番早いタイピングはカナ入力【タッチタイピングの練習法】
     
     
  6. かつら業界の低迷【ありのままの自分を生きる】
     
     
  7. 具体案のない反対は無責任【せどりをするには理由がある】
     
     
  8. 本当の投資と回収【迷いがなくなる究極の考え方】
     
     
  9. 金金金金お金が全て【お金は無限 時間は有限】
     
     
  10. 面倒なことはお金で解決【Amazonから買う理由】
     
     

参考にして頂ければ幸いだ。

他にはプロフィールとお問い合わせフォーム、あとは目次も設置していた。

また、ブログランキングや広告などは設置していなかった。

上記の方法で私は1日で1次審査が通った。

正確には4時間程度だったと記憶している。

最後に

準備が完了したらアドセンス申請をしよう。

申請方法はこちらの記事を参考にして頂きたい。

↓  ↓  ↓

Googleアドセンスの始め方を初心者にもわかるよう申請方法から簡単解説

また、無事アドセンス審査が通ったら、YouTubeとアドセンスで収益化させることも可能だ。

YouTubeの収益化に関しては、こちらの記事で確認いただきたい。

↓  ↓  ↓

youtube広告収入の仕組みと収益化には2種類のファン攻略が必要

Googleアドセンスの一次審査、そして広告コードを貼り付ける二時審査。

一次審査では

画像を使わない記事を書くため、内容や構成など頭をよく使った。

二次審査では

広告コードを貼り付けるため、Simplicityとワードプレスをよくさわった。

アドセンス申請は大変だったが、この経験があったから成長できたと実感している。

きっとあなたの成長にも繋がるはずなので、是非挑戦して頂きたい。

アドセンス審査用の無料ブログ。

現在は無料ブログではアドセンス審査が出来なくなっている。

アドセンス審査には必ず独自ドメインを使用しよう。

独自ドメインの取得方法はこちらの記事で確認頂きたい。

↓  ↓  ↓

ドメインってどの部分?【ブログの住所を決めよう】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする